新木優子も橋本環奈も…若手女優が「憧れはももクロ」と公言する理由 - イザ!

メインコンテンツ

新木優子も橋本環奈も…若手女優が「憧れはももクロ」と公言する理由

ポストセブン
ももクロファンだという新木優子と橋本環奈
ももクロファンだという新木優子と橋本環奈

7月4日からスタートした日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)でヒロインを務めるのは、モデルで女優の新木優子(27)だ。殺し屋とそのターゲットが恋に落ちるという内容の本作で新木が演じるのは、主人公である“間の悪い殺し屋”男虎柊(中川大志・23)の暗殺のターゲットとなる鳴宮美月。クールビューティーな人気漫画家の彼女は実は大きな秘密を抱えていて――というドラマのキーマンとなる役だ。

現在では数々の人気ドラマでヒロインを演じる新木は、10歳の時に原宿・竹下通りでスカウトされ、現在の事務所に入るも、その後10年は泣かずとばず。だが、2014年に女性ファッション誌『non-no』(集英社)の専属モデルになり、翌年には「ガスト」や「ゼクシィ」のCMモデルに大抜擢。「あのキレイな子は誰?」と話題となった。

これをきっかけに、数々のドラマや映画、CMに出演するようになり、今や「若手ナンバーワンのブレイク女優」と言われる存在となった。

ドラマや映画での役どころからクールビューティーな印象の強い新木だが、私生活では、女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の大ファンとしても知られている。

「同じ事務所に所属する新木さんは、中学生の頃にももクロのメンバーたちと一緒にダンスレッスンを受けていたこともあり、先に大ブレイクしたももクロのファンであることを早くから公言していました。2015年にはブログで『ももクロちゃんと共演できるように頑張ります!』と意気込みを語っていました。2018年の10周年ライブでは初日に参戦。『涙が止まらない』と感極まった様子でSNSにメンバーとの写真をアップしていました」(ももクロの古参ファン)

ももクロ好きな若手女優は新木だけではない。「1000年に1人の美少女」のキャッチフレーズでデビューし、今ではテレビに映画にとひっぱりだこの女優・橋本環奈(22)も筋金入りの「モノノフ(ももクロの熱狂的なファンのこと)」だ。

「橋本さんは『憧れの存在』を聞かれるとかならずももクロを挙げ、中学時代はいつも教室で友人たちとももクロの曲にあわせて踊っていたそうです。振り付けも完璧で、バラエティーではももクロの『みてみて☆こっちっち』の曲の振り付けを芸人にレクチャーしたことも。なかでも、メンバーの百田夏菜子(26)が“推しメン”で、コンサートでは、彼女のイメージカラーである赤のペンライトを振り回す姿が目撃されています」(別の古参ファン)

なぜ、若手女優たちがこぞってアイドルグループである「ももクロ」を「憧れの存在」としてあげるのか。芸能評論家の三杉武氏はこう分析する。

「秋元康さんは1980年代に『アイドルとは途中過程』と評しました。事実、ハロプロのアイドルもAKBメンバーも、どんどん『アイドル』を卒業し、女優やタレントに転身していく。そんななか、ももクロは結成から13年たった今でも、“週末ヒロイン”時代と変わらず、アイドルとして全力のパフォーマンスを続けている。そのひたむきさと努力、そして“変わらないところ”が女優たちの心を打つのでしょう」

「憧れの存在」としつつも、新木や橋本もアイドルではなく女優の道に進むことを選んだ。

「ある意味で、アイドルの“賞味期限”やアイドルを卒業した後、道に迷うかもしれないリスクを女優になった彼女たちも分かっていたのかもしれません。だからこそ、自分たちは進むことを選ばなかったアイドルという道を“極めている”ももクロの姿勢がより眩しく写るのかもしれませんね」(三杉氏)

「ももいろクローバーZ」というグループ名は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味で名づけられた。若手女優たちにも幸せを運んでいるようだ。

関連記事
  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも