殺人未遂罪の元警視有罪 介護の叔母首絞め、横浜

産経ニュース
横浜地裁=横浜市中区(高橋天地撮影)
横浜地裁=横浜市中区(高橋天地撮影)

昨年8月、横浜市緑区の自宅で介護していた高齢の叔母の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた元神奈川県警警視の無職、志田勇太郎被告(66)の裁判員裁判で、横浜地裁(奥山豪裁判長)は12日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡した。求刑は懲役3年。

弁護側は、叔母を引き取る前から被告はうつ病を患っており、事件当時は心神耗弱状態だったとして、執行猶予付きの判決を求めていた。

起訴状によると、昨年8月16日、自宅で当時102歳の叔母の首を電気コードで絞め、殺害しようとした、としている。

横浜地検は被告の刑事責任能力を調べるため、昨年8月から今年1月まで鑑定留置していた。被告は泉署長や組織犯罪分析課長などを務めた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」