福島・南相馬の避難指定解除は「適法」、住民側が敗訴 東京地裁

産経ニュース
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

東京電力福島第1原発事故で放射線量が局所的に高い「ホットスポット」となった福島県南相馬市で、国が特定避難勧奨地点の指定を解除したのは不当だとして、住民808人が解除取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(鎌野真敬裁判長)は12日、「住民に対する権利侵害は認められず、違法性はない」として住民側の訴えを退けた。

特定避難勧奨地点は、原発事故の避難指示区域外で、年間被ばく線量が20ミリシーベルトを超えると推定される場所。政府は事故後、南相馬市の142地点を指定した。避難は強制されないが、住民は医療費の一部免除や仮設住宅供与などの支援策を受け、東電から賠償も支払われた。政府は平成26年12月、年間線量が20ミリシーベルトを下回ったとして指定を解除した。

住民側は「多くの支援措置が打ち切られたことで経済的に困窮した。解除は、国民の生命を守る義務に反する」と主張していた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」