東京都心など急激な雷雨 新橋駅一時浸水

産経ニュース
激しい雷雨で中止となったヤクルト―広島戦=神宮
激しい雷雨で中止となったヤクルト―広島戦=神宮

西日本から東北では12日にかけて、上空の寒気や停滞した梅雨前線の影響で大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。落雷や突風も注意が必要だ。大気不安定は13日も続くという。

11日の日中は南からの暖かい空気で気温が上昇。関東から西では最高気温30度以上の真夏日が相次ぎ、津市は35度以上の猛暑日となった。夕方にかけては東京都心など東日本を中心に急な雷雨があり、東京都江戸川区や茨城県筑西市では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨を観測した。東京都港区のJR新橋駅では大雨の影響で改札付近が一時浸水した。

太平洋高気圧に覆われた九州南部(宮崎、鹿児島両県の本土と種子島、屋久島)は11日、昨年より17日、平年より4日いずれも早く梅雨明けしたとみられると発表があった。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」