クソゲーコンペ?野田クリスタルが特別審査員 「何か凄いパワーワード」「才能があれば応募するのに」と注目 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

クソゲーコンペ?野田クリスタルが特別審査員 「何か凄いパワーワード」「才能があれば応募するのに」と注目

野田クリスタル
野田クリスタル

漫画誌「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の「シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」の企画として、「クソゲー」コンペの募集が始まった。

同作は“クソゲー“をこよなく愛する男・陽務楽郎(ひづとめ・らくろう)が人気の“神ゲー”に挑む物語。クソゲーとは、つまらないなどと一般的にはゲームを酷評する際に使用されるが、作品にちなんでクソゲーをテーマにしたゲームを募集する。

特別審査員には、自作のゲームでも話題のお笑いコンビ、マヂカルラブリーの野田クリスタルが就任。野田はクソゲーについて「クソゲーと聞くとよくないもののイメージがありますが、クソゲーというのはあくまでジャンルでクソゲーにも奥行きがあります」と説明し、「良いクソゲーもあれば悪いクソゲーもある。でもクソゲーなのだから悪いクソゲーの方が正解なんじゃないかと頭をグルグルさせてくれるのがクソゲーの面白いところです」と熱いコメントを寄せた。

募集するのは「自身が開発した“クソゲー”を題材とした、プレイヤーが楽しめるゲーム」で、Steamなどの配信ゲーム、スマホアプリ、アナログゲームなどジャンルや種類は不問。オリジナルでも、「シャングリラ・フロンティア」の公式素材を使用した企画でも可。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳