東京都心部などで急激な雷雨

産経ニュース
天気の急変で東京・お台場で見られた稲妻。手前左は水上に浮かぶ五輪マークのモニュメント。右はレインボーブリッジ=11日午後4時8分
天気の急変で東京・お台場で見られた稲妻。手前左は水上に浮かぶ五輪マークのモニュメント。右はレインボーブリッジ=11日午後4時8分

西日本から東北では12日にかけて、上空の寒気や停滞した梅雨前線の影響で大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。落雷や突風も注意が必要だ。大気不安定は13日も続くという。

11日の日中は南からの暖かい空気で気温が上昇。関東から西では最高気温30度以上の真夏日が相次ぎ、津市は35度以上の猛暑日となった。夕方にかけては東京都心など東日本を中心に急な雷雨があり、東京都江戸川区や茨城県筑西市では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨を観測した。

太平洋高気圧に覆われた九州南部(宮崎、鹿児島両県の本土と種子島、屋久島)は11日、昨年より17日、平年より4日いずれも早く梅雨明けしたとみられると発表があった。

気象庁によると、上空約6千メートルには、氷点下6度以下の寒気が流入。前線は日本海の西から本州を通過し日本の東へ延び、12日にかけほとんど停滞する。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」