よく利用するファストフード店「ハンバーガー」が1位 コロナ禍で利用方法に変化が? - イザ!

メインコンテンツ

よく利用するファストフード店「ハンバーガー」が1位 コロナ禍で利用方法に変化が?

ITメディア
コロナ禍でハンバーガーが人気(出所:プレスリリース)
コロナ禍でハンバーガーが人気(出所:プレスリリース)

コロナ禍でも大手のハンバーガーチェーンは業績が好調で、新規ハンバーガー業態の出店も相次いでいる。現在の状況下で、消費者はハンバーガー店を普段どのように使っているのか、覆面調査・ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営するROI(東京都新宿区)の調査で明らかになった。

最も利用するファストフードを聞いたところ、ハンバーガーは70%もの人が選び1位となった。またどの年代でも1位となり、特に20代は80%に達した。次いで、丼もの(14%)、うどん(9%)と続く。

コロナ禍でハンバーガー店を利用する頻度は変化したかを聞くと、増えた人は27%、減った人は18%、変わらない人は55%だった。

ハンバーガー店での購入方法を、コロナの影響前(20年2月以前)とコロナ禍(21年6月)で比較した。その結果、テークアウトの利用率がコロナ前は44%、コロナ禍では74%と大きく増加した。デリバリーの利用はどの年代でも1~3%の微増だったが、事前決済は全体の9%に利用経験があり、特に30代(13%)と40代(10%)で広がりを見せた。

コロナ禍で、飲食業界は休業要請や時短要請、酒類の提供禁止などにより多大な影響を受けている。21年6月には、コロナ禍で打撃を受けている飲食業界の18団体が、都内で「外食崩壊寸前、事業者の声」と題した緊急記者会見を行った。

一方で大手ハンバーガーチェーンは好調で、日本マクドナルドホールディングスが2月9日に発表した20年12月期決算は、売上高が2883億3200万円(前年同期比2.3%増)、営業利益が312億9000万円(11.7%増)と過去最高だった。コロナ禍の終わりが見えない中、ハンバーガー店は今後どこまで業績を伸ばし続けるのか、注視される。

今回の調査は、「ファンくる」に登録している男女を対象に、インターネット上で実施した。期間は21年6月16~21日、有効回答数は1000人(男性369人、女性631人)。

関連記事
  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は