『青天を衝け』こう来たか!と唸らせるキャスティングの妙 - イザ!

メインコンテンツ

『青天を衝け』こう来たか!と唸らせるキャスティングの妙

ポストセブン
(c)NHK「青天を衝け」。主演の吉沢亮(中央)と志尊淳(左)。
(c)NHK「青天を衝け」。主演の吉沢亮(中央)と志尊淳(左)。

ここ8年間で最高の視聴率で始まり、安定した高視聴率をキープする大河ドラマ『青天を衝け』(NHK、毎週日曜20時~ほか)。大河ドラマ初出演の吉沢亮が演じる渋沢栄一は、幕末から明治へと時代を切り拓いていく新しい風を感じさせる。

連続テレビ小説(NHK)のように、NHKドラマでおなじみの俳優が登場する一方で、新鮮で大胆なキャスティングがされているのが、さすが大河ドラマの余裕と気概。

ちなみに、連続テレビ小説を遡れば、草なぎ剛演じる徳川慶喜の母を演じる原日出子は『本日も晴天なり』(1981年)のヒロイン、栄一の伯母役の手塚理美は『ハイカラさん』(1982年)のヒロイン、栄一の姉役の村川絵梨は『風のハルカ』(2005年)のヒロイン、栄一の妻役の橋本愛は『あまちゃん』(2013年)に出演し、栄一の妹役の藤野涼子は『ひよっこ』(2017年)に出演し、注目を集めた。

それに対して、かつてない徳川慶喜、と絶賛されるのが草なぎ剛。『新選組!』(2004年)に出演経験はあるが、大河ドラマレギュラー出演は初。2017年に事務所を独立して3年ぶりのドラマ出演ということでも話題を呼んだ。

草なぎはつかみどころがないようで器の大きさを感じさせる徳川幕府最後の将軍の複雑な内面をも体現している。昨年「第44回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞」に輝き、また6月からイタリアで開催された「ウディネ・ファーイースト映画祭」でゴールデン・マルベリー賞を受賞した映画『ミッドナイトスワン』(8月にWOWWOWでテレビ初放送決定)では、男性という性に違和感を持ち女性として生きる主人公を見事に演じた。

また、第47回放送文化基金賞 テレビドラマ番組部門の最優秀賞受賞『宮崎発地域ドラマ ペペロンチーノ』(2021年、NHK仙台放送局制作)では、津波の被害から再起するレストランのオーナーシェフを主演し演技賞を受賞するなど、その演技者としての振り幅は驚異的だ。

さらに、第21回(7月4日放送)より、栄一らパリ万博に参加するため派遣された幕府の使節団が登場。そこにも、なるほどこれは見たい!と思わせる俳優たちがいた。

まず、徳川慶喜の異母弟・徳川昭武役の板垣李光人。ジェンダーを超えた美しさで注目を浴び、ハイセンスなファッションを着こなしメイクも映える独自のスタイルをもつ彼。風の時代の先端を行くかに思えるが、それが時代さえも超え、最後の水戸藩主というノーブルで繊細な役が思いのほか、ぴたりとはまることに、こう来たか!と驚きもある。

次に、昭武の随員としてパリ万博へ派遣される外国奉行支配・杉浦愛藏役の志尊淳。『女子的生活』(NHK、2018年)でトランスジェンダーの主人公を演じ、文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で放送個人賞受賞と、NHKドラマをきかっけに俳優としての評価をさらに高めた彼。「初めての大河ドラマで不安もありますが、常に戦い挑戦していた杉浦愛藏の想いを継承し、僕も戦いたいと思います」という意気込みに期待が高まる。

そして、大抜擢といえるのが、無骨な水戸藩の武士・菊池平八郎役の町田悠宇。渋沢が海外の技術や考えを柔軟に取り入れようとするのに対し、大和魂をふりかざし多々困らせるという役柄。登場した時に、その眼力と圧倒的な存在感で、映画『ロックンロール・ストリップ』(2020年)に出ていたあの俳優だ!と一目で気づいた。ほんとうに幕末からやって来たような、これで東京の街を歩いていたら浮きまくりだろう、という気配をまとい強烈な印象を残す。

プロデューサーが、町田が出演していた舞台、ハイバイ『投げられやすい石』(2020年、東京芸術劇場シアターイースト)を観劇していて、この出演に繋がったという。

大河ドラマに出演できるというのは日本の俳優の中でも一握り。それもスター俳優以外は、エキストラや「武士1」役から始まっていく世界なのかもしれない。でも実は、意外なマッチングや通でなければわからない粋なキャスティングがされている、そんなところも大河ドラマという伝統が長く愛される理由かもしれない。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート