露ミサイル演習 空域制限情報がキャンセルに

産経ニュース
岸信夫防衛相(春名中撮影)
岸信夫防衛相(春名中撮影)

岸信夫防衛相は9日の記者会見で、ロシア政府が日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」を含む海空域で実施すると通告してきたミサイル演習に関し、7日から9日にかけて発出されていた航空情報「ノータム」がキャンセルされたと明らかにした。

ノータムは、軍事演習を行う際などに空域を制限する目的で発出される。岸氏は会見で「訓練実施の有無など、詳細については日本の情報収集能力を明らかにする恐れがあり控える」と述べた。

日本政府はすでに演習が終了した可能性を含め、情報収集を続けている。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…