公表前の企業情報流出 PRタイムズ

産経ニュース

企業の報道発表の配信を手掛ける「PR TIMES(タイムズ)」は9日、会員企業13社の発表に関連する画像ファイル230点、文書ファイル28点が公表前に流出したと発表した。5月4日から今月6日にかけて受けた不正アクセスが原因という。投資判断などに関わるインサイダー情報の漏洩(ろうえい)は確認されていないとしている。

今月5日に会員企業から「発表前の情報が会員制交流サイト(SNS)に投稿されている」と指摘があり発覚した。アドレスを入力するだけで、未公開情報もダウンロードできるセキュリティーの甘さがあったという。

対策として推測しにくいアドレスに改め、未公開情報はダウンロードできないようにした。PRタイムズは「事故を起こしたことを厳粛に受け止め、心よりおわびする」とコメントしている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病