かつや新メニュー「鶏ガパオチキンカツ丼」 タイ料理とのコラボに「なんでもあり、サイコー」「らしくて好き」と期待高まる(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

かつや新メニュー「鶏ガパオチキンカツ丼」 タイ料理とのコラボに「なんでもあり、サイコー」「らしくて好き」と期待高まる

とんかつ専門チェーン「かつや」が12日から販売する「鶏ガパオチキンカツ丼」。プレスリリースから
とんかつ専門チェーン「かつや」が12日から販売する「鶏ガパオチキンカツ丼」。プレスリリースから

とんかつ専門チェーン「かつや」を展開するかつやは7日、新商品「鶏ガパオチキンカツ丼」を12日から販売すると発表。カツとタイ料理の異色コラボレーションに、ツイッターではかつやファンとタイ料理好きの両方から注目が集まっている。

同商品は、かつやと同じアークランドサービスグループのタイ料理レストラン「マンゴツリー」の監修で生まれたメニュー。チキンカツを唐辛子の辛さが本格的な鶏ガパオとの合い盛りに仕上げた丼。温泉たまごを割りまぜれば、味の変化を楽しめるという。価格は税込み759円。チキンカツが2枚のった「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」(税込み869円)も同時に発売する。全国のかつや店舗でのイートインのほか、テークアウトも可能だ。

ツイッターでは、早速かつやファンが反応。同社公式アカウントの宣伝投稿には、「表面積の85%が茶色い。でも旨そう」「好きなものしか乗ってない」「毎日でも喰いたいヤツ」「呼んでる!かつやが呼んでる!」と歓迎のリプライや引用リツイートが多数寄せられている。

全国のかつや店舗で手軽に楽しめることから、「一昨年のタイ旅行恋しく想い出して食べる はやく飛行機飛ばないかな~」「期待。出社してたころはよく帰りに東京駅のグランスタでマンゴツリーのガパオ買ってた」など、コロナ禍で海外旅行に行けなかったり、テレワークになってしまったタイ好き、タイ料理好きのツイ民からも熱い視線が送られている。

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」