松井を超えた!エンゼルス・大谷、32号 前日の快投に続く日本人選手最多HRの快挙 - イザ!

メインコンテンツ

松井を超えた!エンゼルス・大谷、32号 前日の快投に続く日本人選手最多HRの快挙

 エンゼルスの大谷翔平(27)は7日(日本時間8日)、本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に「2番・DH」で先発し、2004年の松井秀喜(ヤンキース)の日本人最多本塁打記録を抜く32号ソロ本塁打を放った。前夜は投手で4勝目を挙げ、その翌日のデーゲームでの快挙。厳しい内角攻めに遭って自打球を足に当てながらも豪快なアーチをかけた。松井氏も「彼こそが真の長距離打者。大リーグの常識を変えた唯一無二の存在」と祝福した。

 

 2-2の同点で迎えた第3打席。相手先発左腕ロドリゲスの内角攻めで2度自打球を足に当て、飛び跳ねならがら痛がった後だった。カウント2-2からの7球目。内角のチェンジアップが甘めに入ったところを見逃さなかった。

 中継のテレビは「またやった」と絶叫。飛距離433フィート(132メートル)、打球速度114・5マイル(184キロ)の一発。貴重な勝ち越し弾が右翼席に突き刺さった。ゴジラのシーズン記録を球宴前にクリアした。

 直後に松井氏が称賛のメッセージを寄せた。

 「大谷選手のバッティングを持ってすれば、ただの通過点に過ぎないと思います。大リーグでは私も長距離打者とは呼ばれたことはありましたが、彼こそが真の長距離打者だと感じます。また、大谷選手は素晴らしいピッチャーです。大リーグの常識を変えた唯一無二の存在です。今後もファンの方々や少年たちの夢を背負い、シーズンを乗り切って欲しいと思います。私も一野球ファンとして、楽しみにしています」

 大谷は「子供の頃から見ていたので光栄。(真の長距離打者と呼ばれて)素直にうれしい。わざわざコメントをいただいて。まだまだ打てるように、期待に応えられるようにしたい」と話した。

 大谷はこの日4打数2安打。1回無死一塁でも内角の90マイル(145キロ)のシンカーを詰まりながら左前に運んだ。一走フレッチャーが三塁まで進んだのを見て、すかさず二塁を陥れる好走塁。後続の二ゴロと中前打で生還し、2点を先制。試合は5-4で勝って強豪レッドソックスに2連勝となった。

 本留打王争いはブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差を付けてメジャートップを快走。前日の好投とこの日の一発で、二刀流での出場が決まっている球宴前に投打の完成度を見せつけた。

 6回から登板し1回を無失点だったレッドソックスの沢村拓一投手(33)との対決はなかった。

 ■前日は快投4勝目

 前日6日(同7日)にはマウンドに上がり、7回を5安打2失点で4勝目を挙げた。前回登板のヤンキース戦で1回もたずに7失点KOだったが、見事に調整した。

 大谷は「(レッドソックスは)首位のチーム。いい打線なので、ムキに三振を取らないようにと気をつけていた」。マドン監督は「この投球の感触を大事にし、今後も、必要な時にスロットル・ダウン(エンジンを落とす)して欲しい」と評価した。<page/>

 CBSスポーツのマイク・アクシサ記者は「大谷はすでにメジャーで最高の打者の仲間入りを果たしているが、投手・大谷もこの日の投球でメジャーで最高の投手の仲間入りを果たした」とした。

 オレンジ・カウンティ・レジスター紙のジェフ・フレッチャー記者は「オールスター戦に二刀流で臨むが、本人は先発登板したいだろう」。期待は高まる一方だ。

 ■球宴ホームランダービー ソトら8選手出場

 12日(同13日)に行われるホームランダービー(コロラド州デンバー)へ、2019年35本塁打のソト外野手(ナショナルズ)、17年41本塁打のギャロ外野手(レンジャーズ)の出場が決まり、8選手が出揃った。いずれもメジャーを代表する長距離打者だが、大谷の長打力が一枚上手か。本塁打王争いをしているゲレーロJr.(ブルージェイズ)、タティスJr.(パドレス)が出場しておらず、大谷が優勝候補筆頭だ。

 大谷以外の出場者は、▼ギャロ(レンジャーズ、今季23本)▼オルソン(アスレチックス、20本)▼ペレス(ロイヤルズ、20本)▼アロンソ(メッツ、15本)▼マンシーニ(オリオールズ、15本)▼ストーリー(ロッキーズ、11本)▼ソト(ナショナルズ、10本)

zakzak

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」