大谷の“松井超え”が現地SNSでも話題に 「ボンズ超えもありえる」「ヤンキースに来てくれ」「マツイは尊敬に値する」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

大谷の“松井超え”が現地SNSでも話題に 「ボンズ超えもありえる」「ヤンキースに来てくれ」「マツイは尊敬に値する」

エンゼルスの大谷翔平
エンゼルスの大谷翔平

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アナハイムで行われたレッドソックス戦の五回に32号本塁打を放ち、ヤンキース時代の2004年に松井秀喜氏がマークした日本選手のシーズン最多本塁打記録を更新。米大リーグ機構(MLB)の公式ツイッターが「ショウヘイが歴史を作った」と日本国旗の絵文字を添えて祝福するなど、現地でも大きな話題となっている。

4日のオリオールズ戦で31号アーチを放ち、松井氏の本塁打記録と並んだ大谷。この日は2-2の五回裏、先頭で迎えた第3打席のカウント2-2から左腕ロドリゲスの内角チェンジアップを振り抜き、右翼席に433フィート(約132メートル)の特大弾を放り込んだ。

3試合ぶりの一発は“松井超え”となる記念の32号弾。この時点で、ホームラン王争いを繰り広げる2位のゲレロ(ブルージェイズ)に4本差とした。

この試合を中継した現地放送局の実況は、白球が着弾する前に「また飛び出した!ビースト級の一発だ!」と絶叫。解説者も「彼のような選手はほかにいない! 右足と左ヒザに(2度の)自打球を当てた直後に(ダイヤモンドの周りを)『軽くジョギングしようかな』とド派手な一発をぶち込む。32号弾だ! 昨日の試合では投げて打っていることも忘れないでくれ!」と舌を巻いた。

MLBの公式ツイッターは“日本選手によるシーズン最多本塁打記録”と英語で記されたビジュアルを添付して、「ショウヘイが歴史を作った」と祝福。SNSには「すでにMVP確定」「ここ数シーズンで間違いなく一番の注目選手」「打者としてトラウトより優れている」「規格外」などのコメントが並んでいる。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人