コロナ収束を 短冊に願い 埼玉、剣道教室の小中生

産経ニュース
短冊などが飾り付けられた埼玉県警大宮署の七夕飾り=7日午後、さいたま市大宮区(深津響撮影)
短冊などが飾り付けられた埼玉県警大宮署の七夕飾り=7日午後、さいたま市大宮区(深津響撮影)

7日の七夕に合わせ、埼玉県警大宮署(さいたま市大宮区)の少年剣道教室に通う子供たちや保護者らが七夕飾りを作り、署の玄関ロビーに設置された。

教室は署の生活安全課少年係が運営し、小中学生計19人が所属しているが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年4月から活動を自粛している。

子供たちは、短冊に「皆で剣道をやりたい」「コロナが早くなくなってほしい」といった思いを書き込み、活動の再開を願った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病