群馬・太田市、64歳以下に21日から接種券発送

産経ニュース

太田市は7日、64歳以下に対する新型コロナワクチン接種の予定を発表した。それによると、12歳から64歳の約14万人に21日から順次、接種券を発送し、ワクチンの供給状況を見定めながら、集団接種のみで8月中旬から開始する予定。

基礎疾患がある場合、本人の事前申請に基づき優先発行しており、2日現在の申請者数は約4千人。接種券は12日から発送する。接種はかかりつけ医など約80の個別医療機関と基礎疾患専用の集団接種会場での2通りで実施し、前者は26日から、後者は希望者を取りまとめた上で、8月7、8、11、12日に市営の集団接種会場で行う。

東毛や県央などの行政接種センターでの接種を希望する18~64歳の市民への接種券発送は、6日現在で約4300件という。

一方、65歳以上の接種希望者(約4万8千人)の接種率(1回以上)は1日現在、86・1%(4万1683人)。市健康づくり課では「希望者全員が7月中に接種2回を終えるメドがたった」としている。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償