米、イラン核開発を批判 濃縮金属ウラン製造通告

産経ニュース
IAEAのグロッシ事務局長(共同)
IAEAのグロッシ事務局長(共同)

【ウィーン、ワシントン共同】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は6日、イランがIAEAに対し最大20%濃縮の金属ウランを製造する計画を通告してきたことを理事国に報告した。関係筋が明らかにした。核爆弾に使われる可能性があり、バイデン米政権はこれを批判。イラン核合意再建に向けた米イラン間接協議に悪影響を及ぼす可能性もある。

イランでは大統領選で反米保守強硬派ライシ師が当選し、ウィーンで断続的に続く間接協議の行方が危ぶまれている。穏健派ロウハニ大統領は8月の退任前の交渉妥結をあきらめていないが、時間とともに状況は厳しさを増している。

グロッシ氏の報告によると、金属ウランは研究炉の燃料として製造。核合意当事国の英国、フランス、ドイツの外相は共同声明を発表し、核合意の「深刻な違反」だと指摘した。

米国務省のプライス報道官は6日の記者会見で今回の通告を「残念な歩みだ」とし「イランが合意不履行を加速し続けることを選択しているのではないかと心配している」とけん制。イランに「瀬戸際政策」をやめ、間接協議に戻るように求めた。

外交的解決を模索する姿勢を堅持。「外交がイランの核兵器取得を防ぐ最良の方法だ」と強調し、間接協議に期限は設けていないと明言した。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿