町田氏が群馬県公安委員会委員長就任会見「県民目線で管理」

産経ニュース
就任会見に臨む町田錦一郎・群馬県公安委員会委員長=7日、群馬県警(柳原一哉撮影)
就任会見に臨む町田錦一郎・群馬県公安委員会委員長=7日、群馬県警(柳原一哉撮影)

群馬県公安委員会委員長に就任した町田錦一郎氏(78)が7日、前橋市の群馬県警本部で就任会見を行い、「県民目線で公正かつ誠実に警察の管理に努めていく」と抱負を語った。

町田氏は石田弘義前委員長の退任に伴って選任された。任期は7月1日から令和4年6月30日まで。

会見で町田氏は県内の治安情勢などに触れ、「昨年は刑法犯認知件数と交通事故死者数が過去最少を記録するなど成果を上げている」と説明。しかし、「特殊詐欺事件や高齢者が関わる交通事故などは引き続き対策の強化が必要だ」と課題を指摘した。

新型コロナウイルス禍が長期化する中で現場の警察官は感染の脅威にさらされている。町田氏は「あらゆる予防措置」を講じるべきだとの考えも示した。

町田氏は昭和18年生まれ、前橋市出身。県立渋川高校卒。マチダコーポーレーション代表取締役などを経て現在、同社相談役や県防衛協会会長、県交通安全協会理事長などの要職に就いている。信条は常に誠意を貫き通す「至誠一貫」。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」