引退の松坂大輔、横浜高の恩師が語っていた「引き際の大切さ」 - イザ!

メインコンテンツ

引退の松坂大輔、横浜高の恩師が語っていた「引き際の大切さ」

ポストセブン
松坂の「育ての親」が語った(時事通信フォト)
松坂の「育ての親」が語った(時事通信フォト)

「平成の怪物」として一時代を築いた西武・松坂大輔(40)が野球人生に幕を下ろすことが報じられた。古巣・西武に14年ぶりに復帰した昨季は1軍登板がなく、今季は2軍戦の登板もないまま、引退を決断した松坂。そんな松坂を引退直前まで気にかけていたのが、横浜高校でコーチ、野球部部長を長年務め、「育ての親」と呼ばれる小倉清一郎氏だった。つい最近、筆者のインタビューにこう語っていた。

「そりゃ心配だよ……。電話で最近話したのは2月か3月ごろかな。『今あるところで秘密の治療をしています』って言っていて。首を傷めているみたいで、思うようにいかないんだろうね。『どうなんだよ』って聞いても『(治療を)やってるところだからわかりません』って。オレにも状態はわからないよ」

小倉氏と松坂の出会いは今から28年前だった。江戸川南リトルシニアに所属していた中3の松井光介(現・ヤクルト打撃投手)に注目して球場に足繁く通っていた時、2学年下の松坂の姿に目を惹かれたという。

「ずば抜けて凄かったわけじゃない。コントロールも悪かったし、身長も165センチぐらいで高くはなかった。だけど、こいつはひょっとしたら凄い投手になるという予感がしたんだ。身長に比べて背筋は強そうだったし、2塁ゴロや遊撃ゴロを全部捕りにいく姿勢にも目を惹かれた。実際、中学3年間で球はどんどん速くなったよ。最終的に20~30校が興味を持ったんじゃないかな。でも、声を掛けただけの高校も少なくなかった。ストライクが入らないから」<br />

<br />

中学時代の松坂は2年秋の関東大会で優勝、3年の夏の大会も優勝するなど頭角こそ現していたが、全国の強豪で知られる中本牧リトルシニアに大量失点を喫するなど、世代を代表する存在ではなかった。当時の江戸川リトルシニアは帝京高とつながりが深く、「松坂も帝京高に進学するだろう」と見られていたのも、他校が手を引いた理由かもしれない。<br />

<br />

だが、小倉氏は松坂の可能性に賭けた。「ストライクはいずれ入るようになるから、どうってことない」と言いのけ、先に横浜高に進学が決まっていた中本牧リトルシニアの小池正晃(現・DeNA1軍外野守備走塁コーチ)、小山良男(現・中日スカウト)、常盤良太に対し、松坂を横浜高に誘うように伝えた。小池らにとってみれば、松坂はメッタ打ちにした投手だけに、その指令を不思議に感じただろう。小倉氏はその空気を察してこう言ったという。

「もう少ししたら、おまえらが束になっても勝てないぞ」

横浜高に入学後した松坂だが、制球難がなかなか修正できない。渡辺元智監督が「投手に見切りをつけて打者にしよう」と提案したこともあった。だが、小倉氏は首を縦に振らなかった。

「あの学年は大輔以外に投手がいなかったんだよ。長田秀一郎(現独立リーグ・武蔵投手コーチ)をスカウトしていたんだけど、『公立でやる』って言ってたから、手を引いたら鎌倉学園に行って。もう一人、目をつけていた加納大祐も鎌倉学園に行った。松坂を育てるしかなかったんだ」

◆高校を出てすぐに活躍したから…

小倉氏が松坂に課した練習メニューは過酷だった。なかでもアメリカンノックは有名だ。ノックバットを持つ小倉氏の近くにいる松坂が70~80メートルの距離を走り、フライを背走して捕る。両翼のポール間を走って捕球する通常のアメリカンノックより難易度が高い。これを夏の炎天下にマンツーマンで4時間も続けたという。松坂は200本近く走っていたことになる。流石の松坂も「なんで僕をいじめるんですか」と訴えてきたが、「おまえが好きだからだよ」と返した。「練習をクリアして、『焼肉食わせてやるよ』って言ったこともあったな。特上カルビ10人前食べやがって。3万円かかったよ」と笑う。

「大輔はずーっと成長曲線だった。制球難は左の肩で壁を作って一気に右腕を振るようなフォームにしたらだいぶまとまって。直球はもともと速かったけど、変化球も物凄く器用に投げていたね。カットボールなんか2~3球投げさせたら覚えていたよ。フィールディングも入った時は決して巧いわけではなかったけど反復練習だね。プロに入ったら投げることだけに集中させるためにクイック、牽制も徹底的に鍛えた」

1998年、松坂の名前は日本中に知れ渡る。センバツ優勝投手としての重圧をものともせず、夏の甲子園では京都成章との決勝戦でノーヒットノーランを記録し、春夏連覇を達成。2年夏に神奈川県大会準決勝・横浜商戦で自身の暴投によりサヨナラ負けを喫したのが最後の黒星だった。2年秋から公式戦44連勝。社会現象になるほどの強さだった。<br />

<br />

高校ナンバー1投手として進路が注目された松坂はドラフトで西武、横浜(現DeNA)、日本ハムが競合し、当たりくじを引いた西武に入団する。高卒1年目の1999年に16勝5敗、防御率2.60と圧倒的な成績を残し、最多勝、ゴールデングラブ賞、高卒新人で史上初のベストナインを受賞。2000年に14勝、2001年に15勝で3年連続最多勝を飾り、球界を代表する投手に上り詰める。だが、小倉氏は意外な言葉を口にする。

「1年目の成績に驚きはなかったよ。あれぐらいはやると思った。結果論になるかもしれないけど、あいつは3年目ぐらいから(1軍で)出ていたら、もっと長く活躍できたかもしれない。高校を出てすぐに活躍したからプロの世界をナメちゃった。1番の弱点は体のケアをしなかったこと。何度も言ったが、『僕は大丈夫です』と。あいつを慢心させるのが早かったかもしれない」

だが、首脳陣からすれば、1軍ですぐに使いたいと考えるのはやむを得ないだろう。常時150キロを超える直球とキレ味鋭い高速スライダーを軸に、チェンジアップ、カーブ、フォークの精度も高い。18歳の時点で完成されていた投手だった。小倉氏は野球センスが抜群なことに加え、「頭がいい子だった」と分析する。

「(高校時代に)データを渡すと、あえてど真ん中の直球を見逃して、相手投手の決め球をホームランにしていた。投手心理に立って、相手に一番ダメージを与えるやり方を知っているんだよ。打者でもプロで十分に大成できたんじゃないかな。三塁をやらせたら、同級生の村田修一(現・巨人1軍野手総合コーチ)といい勝負ができたと思う」

◆メジャーで引退するべきだと思った

松坂がプロ野球という枠を超え、多くの人の心をつかんだのは素朴な人柄によるところも大きかった。スーパースターになっても態度が横柄になることはなく、お世話になった人への義理を重んじ、友人を大切にする。「性格だろうね。みんなが大輔に集まってくる。高校の時も補欠やベンチに入れなかった子たちと仲が良かった」と話す。

1980年生まれの代を「松坂世代」と形容する言葉が生まれたように、球界の中心だった。西武時代の1999~2006年までの8年間で計108勝をマーク。2003、2004年と2年連続最優秀防御率を獲得し、最多奪三振のタイトルも4度受賞している。シーズントップの完投数をマークしたシーズンが4度という数字が証明するように、馬力があった。2006年は第1回WBCで大会最多となる3勝、防御率1.38をマーク。世界一に導き、大会の最優秀選手(MVP)に選ばれた。さらに、6月16日の横浜戦で、ドラフト制度導入後最速の191試合登板で100勝を達成する。全盛期は当分続く──。誰もがそう思ったが、小倉氏はこの時から松坂の「異変」に気づいていた。

「肘が下がって投球フォームがおかしくなっている。やばいな」

嫌な予感は的中する。メジャー移籍1年目の2007年にレッドソックスで15勝、2008年に18勝を挙げ、2009年には第2回WBCで3勝を挙げて2大会連続MVPに輝くが、この時に股関節を痛めてパフォーマンスが落ちていく。以後、毎年のように度重なる故障に悩まされ、2011年に右肘の張りを訴えてトミージョン手術を受ける。以降のメジャー6年間で積み重ねた白星はわずか23勝。

「メジャーに移籍して4年目ぐらいから投げ方が酷くなった。大輔は股関節が硬いからメジャーのマウンドが合わないんだよ。肘がさらに下がってきて、昔と比べると全く違うフォームだった。(2015年に)ソフトバンクに戻ってきた時も2~3勝すればいいかなと。ファーム施設で会ったりしたよ。電話でも話したけど、うん……」

当時を振り返ると表情が曇り、口が重くなる。日本球界に9年ぶりに復帰した「平成の怪物」に野球ファンに大きな期待を寄せていたが、小倉氏は教え子に待ち受けるいばらの道が見えていた。

2015年のシーズン中に右肩関節唇および腱板クリーニング術、ベネット骨棘切除術、後方関節包解離術を受けるなど、3年間でわずか1試合の登板に終わり、ソフトバンクを退団。テスト入団した中日で2018年に6勝4敗、防御率3.74でカムバック賞を受賞したが、その輝きが続かない。2019年は右肩の故障でわずか2試合の登板に終わり退団。昨年、古巣・西武に14年ぶりに復帰したが1軍登板はない。

期待を裏切られたファンからはネット上で「もう限界だ」、「引退したほうがいい」など辛らつな声が飛んだ。それでも松坂を一番近くで見てきた小倉氏はフォームの修正を再三指摘してきた。

「左足を上げるときに左肩を入れ過ぎるから、どうしても反動で体の開きが早くなり、右肘が下がる。この投げ方だと腕が横振りになるから変化球が抜けるし、ムダな動きも多いからケガをしやすくなる。何度も言ってきたよ。でも、大輔は『わかっていても、できないんです』と言うんだ。(理由は)体の状態なんだろうな」

上半身の力に頼った投球フォームになり、下半身のパワーを上半身に伝えた力強い球が見られなくなった。

そして決断のときがやってきた。小倉氏は引退報道の直前、奇しくもこう語っていた。

「オレはメジャーで引退するべきだと思ったんだ。でも大輔には故障で終わりたくないという思いがあるんだろうね。あきらめきれないんだよ。オレにも2つの思いがある。『よく頑張った。お疲れさま』という気持ちと、『もうちょい頑張って最後に1、2勝してほしい』とね。ただ、この状況で(国内の)独立リーグや台湾は絶対にやっちゃいかん、それは言いたいね。“松坂大輔”っていう看板がある。頑張るだけ頑張って……引き際が大事と言うしかないよね」

関係者に「これ以上、チームに迷惑をかけることはできない」と話したという松坂。恩師の言葉に応えるように、ユニフォームを脱ぐことになった。

取材/文 平尾類(フリーライター)

関連記事
  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  3. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…