NY株反落、208ドル安 米景気の先行き警戒

産経ニュース

連休明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比208・98ドル安の3万4577・37ドルで取引を終えた。米景気の先行きを警戒した売りが優勢となった。

米サプライ管理協会(ISM)が発表した6月の非製造業景況指数が市場予想を下回り、リスク回避の動きが広がった。前週末に過去最高値を更新し、短期的な過熱感が出たことも投資家心理の重荷となった。下げ幅は一時400ドルを超えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、24・31ポイント高の1万4663・64と2営業日連続で最高値を更新した。

個別銘柄では、医薬品のアムジェンや石油のシェブロンの下げが目立った。ITのアップルは買われた。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは