【TV視てますか?】月9の後は「スマスマ」だった 先輩ジャニーズに続け!岸優太「ナイト・ドクター」 - イザ!

メインコンテンツ

TV視てますか?

月9の後は「スマスマ」だった 先輩ジャニーズに続け!岸優太「ナイト・ドクター」

 フジテレビ系カンテレ制作『大豆田とわ子と三人の元夫』は傑作ぞろいの坂元裕二脚本ドラマの中でも屈指の出来だった。5年前の月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(全10話)も見返したくなり、録画していたディスクを再生したら、なんと“お宝”が隠れていた。

 1話が終わり、次週予告。そのたびに毎回、数秒間だが「このあとすぐ SMAP×SMAP」という番組予告映像が計10本も挟まっていた。「月9」の後に「スマスマ」が放送されていた最後の年の録画(『いつ恋』初回は2016年1月18日。その日、『スマスマ』は解散騒動の渦中で、冒頭に5人が黒い衣装で1人ずつコメントしたが、「予告」にその痕跡はなかった…)。

 先日のNHK『鶴瓶の家族に乾杯』で旅先の笑福亭鶴瓶が小学生の女の子たちに「中居(正広)って知ってる?」と尋ねたら、誰も知らなかった。年月は残酷だ。

 逆に筆者はKAT-TUNぐらいまでしか区別がつかなくなっている。でも、「ジャニー(喜多川)さんが生涯最後にデビューさせたグループ」がキンプリことKing&Princeということは一応知っている。そのメンバーが近頃、ドラマで目につき始めたからでもある。

 平野紫耀と神宮寺勇太はまだ見ていないが、高橋海人は昨秋の『姉ちゃんの恋人』と、先日終了した『ドラゴン桜』でともに姉思いの心優しい弟役を好演していた。

 永瀬廉は放送中の『おかえりモネ』でヒロインの同級生役。この朝ドラについてはいずれ改めて書きたい。

 そしてリーダーの岸優太。放送中の月9『ナイト・ドクター』で主演の波瑠と田中圭、北村匠海、岡崎紗絵とともに招集された夜間救急専門医にふんする。両親を早くに亡くして病弱の妹を世話し、「救急医は絶対にやりたくない」と思っていた元内科医だが…という設定。ジャニーズの先輩たちの多くが演じてきた「医療ドラマ」で、「青春群像ドラマ」でもある。25歳の岸の挑戦を温かく見守りたいと思う。 (新橋のネクタイ巻き)

zakzak

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係