30代女性の転職理由ランキング 「収入」などを抑え1位になったのは? - イザ!

メインコンテンツ

30代女性の転職理由ランキング 「収入」などを抑え1位になったのは?

ITメディア
30代女性の転職理由1位は?(画像提供:ゲッティイメージズ)
30代女性の転職理由1位は?(画像提供:ゲッティイメージズ)

求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、30代で転職した経験がある女性292人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。その結果、転職理由で最も多かったのは「結婚・出産のため」と「人間関係への不満」であることが分かった。

1位は同率で「結婚・出産のため」「人間関係への不満」(いずれも36人/292人中)だった。次いで「他の仕事をしたくなった」(27人)、「収入アップのため」(23人)、「体力的につらい」(23人)と続いた。

「結婚・出産のため」と回答した人からは、結婚や出産をきっかけに働き方を見直したとの声が多く挙がった。また「育休をとって同じ会社に復帰するつもりだったが、転職するほうが生活しやすいと思った」という人もいた。結婚を機に引越したり妊娠してつわりがひどかったりしたため退職せざるを得なかったという声も聞かれた。

「人間関係への不満」では自ら辞めた人が多い中、「我慢して働いていたが、辞めるよう促された」「上司に嫌われてしまい、退職するよう強いられた」という声もあった。また、精神的に追い込まれて「病気になってしまった」「仕事の成績が落ちた」という回答も寄せられた。

3位の「他の仕事をしたくなった」は、他にやりたい仕事が見つかり転職した人のほか、「異動先での仕事が合わず、もともとやっていた職種に戻るために転職した」といった声もあった。また「30歳までがやり直せるチャンスではないかと思った」「30代後半になったとき、とどまり続けて後悔しないだろうかと疑問に思った」と、30代を節目と考えるコメントも目立った。

転職で重視した条件「勤務時間や休日」

次に転職で重視した条件を聞いたところ、1位は「勤務時間や休日」(95人)、次いで「やりたい職種/仕事内容」(69人)、「勤務地/通勤時間」(54人)が続いた。ワークライフバランスを重視した回答が多数を占める結果となった。

転職前と転職後の雇用形態は、いずれも正社員が最多となったものの、転職前の割合が61.0%、転職後は40.5%と、20.5%も減少していた。2位はパート・アルバイト、3位は契約社員だった。

今回の調査は、30代で転職した経験がある女性を対象に、インターネット上で実施した。期間は21年4月23日~5月7日、有効回答数は292人。

関連記事
  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」