オリvs阪神の日本シリーズ実現なら…オリファン積年の恨み晴らす場に - イザ!

メインコンテンツ

オリvs阪神の日本シリーズ実現なら…オリファン積年の恨み晴らす場に

ポストセブン
オリックスと阪神の間には深い因縁も(写真はオリックス・宮城大弥/時事通信フォト)
オリックスと阪神の間には深い因縁も(写真はオリックス・宮城大弥/時事通信フォト)

57年ぶりに関西の球団同士の日本シリーズが見られるか──リーグ首位を走る阪神とオリックスに気の早いファンは胸を躍らせている。実際に“ナニワ対決”が実現すれば、前回(1964年の阪神vs南海)以上の盛り上がりが期待される。

というのもオリックスと阪神の間には、深い因縁があるからだ。デイリースポーツ元編集局長の平井隆司氏が語る。

「現在は阪急阪神ホールディングスで同じグループ会社ですが、オリックスの前身の阪急と阪神は、過去に関西プロ野球の盟主の座をめぐって激しく争いました。

阪急には、地元出身の有力選手である江夏豊や岡田彰布のドラフト争奪戦で阪神に敗れた遺恨もありました。阪急の身売りで打倒阪神の夢は潰えましたが、阪急ブレーブス以来のオールドファンは、阪神タイガースを倒して日本一になることが今でも悲願です」

過去の宿敵関係だけでなく、近年の「日陰者だった歴史」もオリックスファンの熱量を上げる。

「同じ関西のチームといえども、人気は阪神が絶大です。オリックスが交流戦の優勝を決めた翌日も、7年ぶりの単独首位となった翌日も、在阪のスポーツ紙の一面を飾ったのは阪神ばかりだった。在阪テレビ局も同様で、甲子園の阪神戦は地上波で毎日のように生放送されるが、京セラドームのオリックス戦はNHK総合がごくたまに生放送する以外、地上波では深夜の録画放送が関の山。臥薪嘗胆を胸に刻んでいるファンも少なくない」(在阪スポーツ紙デスク)

そもそも関西では、オリックスファンだと公言することすら憚られるという悲しさもあるという。

「関西は阪神ファンが圧倒的に多く、昔からオリックスファンを公言しているタレントは、ハイヒール・モモコとたむらけんじ、あとはますだおかだの岡田くらいですよ。得意先では『昨日のタイガースは強かったですね』が恒例の挨拶。オリックスファンは、すっかり肩身が狭い」(大阪に住むオリックスファンの男性)

そうした積年の恨みを晴らす場こそ、念願の直接対決にほかならない。

「阪神と日本シリーズで直接対決するとなれば、オリックスファンが今までにない盛り上がりを見せるのは間違いない。

とくにオリックスから阪神にFA移籍した糸井嘉男(39)や西勇輝(30)は、移籍した当初はオリックスファンから温かい目で見守られていましたが、今回は京セラドームで大ブーイングを浴びるかもしれません」(前出・在阪スポーツ紙デスク)

オリックスファンが集う大阪市北区の韓国料理屋「紅紅」南森町店の店長も、千載一遇のチャンスに鼻息を荒くする。

「関西に阪神ファンが集まるコアな店は多いけど、オリックスファンが集まる店はウチの系列2店舗以外にありません。せっかくオリックスが首位になってチームが日の目を見たのに、今はコロナでランチ営業だけなので騒ぐことができず、本当に残念です。阪神とのシリーズが実現したら、酒を飲みながら思いっきりオリックスを応援して、必ず阪神を倒したい」

情熱では虎党も負けていない。通算350勝の記録を持ち阪急と阪神の両球団で活躍した米田哲也氏が語る。

「僕らの時代の阪急と阪神はバチバチのライバル関係だったけど、パのスタンドには閑古鳥が鳴いていました。今の時代に阪神とオリックスの日本シリーズになれば、関西は盛り上がるやろうね。ただし阪神ファンばかりが大騒ぎして、普段は大人しいオリックスのファンは圧倒されるんちゃいますか」

前出の在阪スポーツ紙デスクは、「オリックスが日本一になることが心配のタネです」と語る。

「2005年にロッテと日本シリーズを戦った阪神は0勝4敗でストレート負けしました。この時、熱くなった阪神ファンが甲子園のレフトスタンドにいたロッテの応援団を取り囲み、罵声を浴びせる事件が発生した。

今年の日本シリーズで阪神がオリックスに惨敗でもしたら、16年前のイザコザが再現されそうで心配です」

※週刊ポスト2021年7月16・23日号

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 菅首相から「聖子ちゃん、権力に近いところに来なさい」 野田氏が幹事長代行に就いた内幕を披露/総裁選