なぜ逮捕されない? 都議選再選の都民ファースト・木下氏、無免許人身事故も除名処分のみ 「免停期間終わっていると思った」 - イザ!

メインコンテンツ

なぜ逮捕されない? 都議選再選の都民ファースト・木下氏、無免許人身事故も除名処分のみ 「免停期間終わっていると思った」

木下富美子氏
木下富美子氏

 東京都議選(4日投開票)で再選を果たした地域政党「都民ファーストの会」の木下富美子氏(54、板橋区選挙区)が選挙期間中、無免許運転で人身事故を起こしていたことが分かった。木下氏は免許停止の行政処分の期間中だった。同会は5日、木下氏を「除名」処分としたが、その程度で許されるのか。

 捜査関係者らによると、木下氏は2日午前7時半ごろ、板橋区高島平の交差点で車を運転中、50代の男性が運転する車と衝突した。男性と同乗者の妻がけがを負った。

 木下氏は産経新聞の取材に対し、「2日が免停期間の最終日で、免停期間が終わっていると思い、運転しても大丈夫だと思った」と説明し、都議を続ける意向を示したという。

 警視庁は、道交法違反(無免許運転)や自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いがあるとみて捜査しているが、「無免許」で「人身事故」を起こして逮捕されないものなのか。

 弁護士の高橋裕樹氏は「本人の弁解状況や本人が逃げも隠れもしない立場であることなどから、警視庁側は『逮捕の必要性はない』と判断したのだろう。けがの重さによっては逮捕してもよかった案件だ」と語る。

 都議の交通事故といえば、柿沢未途衆院議員(無所属)が都議時代の2008年2月に首都高速で酒気帯び運転して自損事故を起こし、都議を辞職している。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート