【有本香の以読制毒】自民党よ堂々と政策を語れ 小池都政を糾す唯一の党派 なぜ「都民税減税」アピールしない? やたらと目立つ「女性」連呼 - イザ!

メインコンテンツ

有本香の以読制毒

自民党よ堂々と政策を語れ 小池都政を糾す唯一の党派 なぜ「都民税減税」アピールしない? やたらと目立つ「女性」連呼

小池都知事は退院したが、当面はテレワークという(共同)
小池都知事は退院したが、当面はテレワークという(共同)

 入院加療中だった小池百合子都知事が6月30日朝、退院したという速報が流れた。当面はテレワークで公務を行うという。ご快癒まで、しっかり養生していただきたく思う。

 一報の後、ネット上には病状を気遣う声とともに、冷ややかなコメントも目立った。「お大事に。そのままずっとお休みください」「都はテレワークを奨めていたのに、なぜ知事は今までしなかった?」「われわれは入院もできずに苦しんでいます」(飲食店関係者)など。

 小池氏の入院は、都議選告示の直前というタイミングだったこともあり、永田町付近でも病状含め、さまざまな憶測を呼んだ。

 いわく、「小池さんはここで都民ファーストを切り捨て、五輪後に自身は国政転身」というものだ。もっと具体的に、「自民党候補が空いた衆院東京9区(練馬区の一部)か、同じ東京15区(江東区)からの出馬が有力」という人や、「無所属で出て、国民民主党の一部と合流して新党結成。当選後に自民党との連立を狙う」という噂まである。

 日ごろ、小池氏に批判的な筆者でも「さすがにそれは…」と言いたくなる話だが、小池氏と自民党の二階俊博幹事長の長年の昵懇(じっこん)ぶりも手伝ってか、この噂には「密約説」という尾ひれまで付いていた。

 ちなみに、東京9区は公職選挙法違反(寄付行為の禁止)罪で略式起訴されて公民権停止となった菅原一秀元経産相の選挙区、同15区は、IR(統合型リゾート)事業をめぐる汚職事件で逮捕・起訴された秋元司衆院議員の選挙区だ。

 「噂」が大きくなる要因の1つは、小池氏が今回の都議選について、今日まで明確なメッセージも発していないことにある。体調不良とはいえ、4年前、鳴り物入りで自ら立ち上げ、特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」にも無言を貫く姿には、やはり不自然さがある。

 あの「小池劇場」選挙から4年がたつ。当時、ワイドショーのヒロインだった小池氏は、「都民ファースト」応援のため連日都内各地で街宣し、古巣・自民党の都議団を殲滅(せんめつ)、議席を半減させた。その勢いで国政をもジャックしようとたくらんだのが、前回の衆議院選、2017年の「希望の党」騒動だった。

 結局は、自らの失言が発端でもくろみ大ハズレとなった「希望の党」から、小池氏は早々に離れた。ここで小池氏に盛大にハシゴを外された面々の何人かは、いま自民党二階派に収まっている。

 筆者が小池都政への批判を始めたきっかけは、前回都議選の前年、16年に持ち上がった築地市場から豊洲市場への移転延期問題だった。共産党都議団が新たなプロパガンダを仕掛けようと持っていた「地下の盛り土」ネタを先取りし、不当な自民党批判に利用したのが小池氏とマスメディアだったのだ。その結果、市場移転は2年も遅れ、少なくとも数百億円の公金が浪費された。

 この小池都政を真っ当に糾すことのできる唯一の党派が、都議会自民党のはずだ。公明党はアテにならない。なぜなら4年前、「小池劇場」に何とか便乗しようと、長年のパートナーだった都議会自民党から小池氏側に乗り換えたのが都議会公明党だったからだ。

 余談だが、その公明党と「都議選で共闘するために」と、国会でのウイグル問題などでの対中非難決議を見送ったのが自民党本部の二階氏一派だ。

 4年前の屈辱から今回、起死回生を狙う自民党だが、その選挙の戦いぶりにもあえて苦言を呈す。

 私が言うのも何だが、今都議選での自民党の公約はよくできている。特に「都民税20%減税」という公約は、コロナで傷んだ都民の多くに届くはずだ。なのに、これを強力にアピールする候補を見かけない。有名タレントや国会議員らの応援を得て練り歩き、女性議員や女性候補らが「女性として~」「母として~」と叫ぶ姿などが目立つ。

 最近の自民党には、国政でもやたらと「女性」連呼の議員が目立つが、女性という属性を持ち出したその瞬間、有権者の約半数(男)を排除したことになるとなぜ分からないのか。これでは、立憲民主党や社民党と変わらない。80年代のマドンナ旋風じゃあるまいし、「女」選挙などもう古い。ウンザリだ。やめてほしい。

 ついでに、国際情勢や人権問題に興味なさそうに感じる自民党幹事長室と、公明党の「近過ぎる関係」もいい加減、やめてほしいものだ。

 ■有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『「小池劇場」の真実』(幻冬舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』『「日本国紀」の天皇論』(ともに産経新聞出版)など多数。

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」