鈴木仁らフレッシュな若手が彩るFODオリジナルドラマ完成 - イザ!

メインコンテンツ

鈴木仁らフレッシュな若手が彩るFODオリジナルドラマ完成

完成発表会に出席した(左から)栁俊太郎、鈴木仁、さなり、井之脇海(フジテレビ提供)
完成発表会に出席した(左から)栁俊太郎、鈴木仁、さなり、井之脇海(フジテレビ提供)

フジテレビが運営する動画配信サービス、FODで17日午前0時から配信されるドラマ「ギヴン」(全6話)の完成発表会がこのほど行われ、主演の鈴木仁をはじめ、さなり、井之脇海、栁俊太郎が出席した。

人気BL漫画の実写ドラマ化で、4人のロックバンド、the seasonsを中心に彼らの恋愛や成長を描いている。

これまでに「花のち晴れ~花男 Next Season~」(2018年4月期、TBS系)など話題作に出演してきた鈴木は、単独初主演で立夏を演じるが、「緊張と喜びがあった。練習をたっぷりしたし、バンドがメーンなので4人で一つのグループを作っていきながら盛り上げていった。また音楽以外の違うものでのつながりも大切にしている作品。そういうところも味わいながら日常生活に置き換えて楽しんで見ていただけたら」と自信を見せる。

ラップアーアティスとして知られるさなりは真冬役。「演じるのが初めてで不安が大きかったけど、現場の方々に支えてもらって楽しく撮影できた。真冬に共通している部分はあるので意識しながら演じた」と話す。

ライブ後の立夏と真冬のキスシーンがファンの間で早くも注目されており、撮影現場でも4人が「立ってキスするか、しないか」などの話題が飛び交ったという。

「友達に男性が好きな男性がいる」という秋彦役の井之脇は、その友達からすでに「ギヴン、見たらいいよ」と勧められていたそうで「原作もアニメも知っていたので縁を感じた」と振り返る。

春樹役の栁は「キュンキュンするような役ってやったことがなく、今回やっときたなと思ったら相手が海君!っていう…」と笑った。

その後、Twitterで募集された「#ギヴンのここが好き」の回答を集計してランキング形式で発表。「音楽への熱意・真冬の歌声」(1位)「キャラクター」(2位)「リアルな恋愛模様」(3位)などでクロストークを展開した。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人