フランス代表2選手、日本人侮辱発言を謝罪もファンの怒り収まらず 「二度と日本に来るな」「日中韓で団結」「ホテルに謝れ」

デンベレのインスタグラムには、日本人をはじめ多くのユーザーのコメントが殺到。日本語、英語、中国語などのさまざまな言語で「差別反対」「ホテルのスタッフに謝って下さい」「あなたのプレーが大好きでしたが、一気に嫌いになりました。もう二度と日本に来ないでください」「お前が大好きなPES(ウイニングイレブン)もプレステも、バルセロナのメインスポンサーの楽天もみんな日本のものだぞ」などと怒りをぶつけている。

黒人であるデンベレの行動に矛盾を感じている人も多く、「もう二度と『Black Lives Matter』と叫ぶな」「なにがBLMだよ」「白人社会にいる黒人はアジア人を侮ることが多い。とんでもないパラドックスだ」などの声が続々。日中韓の3つの国旗の絵文字をならべて「これまでにないほど、私たちは団結している」と英語と中国語で書き込む人のほか、「おまえの“言い訳”だと、どの国に行っても侮辱をしているってことか」「自分は韓国人だが、日本人に対するあなたの発言は非常に失礼だ。日本の存在の大きさを考えろ」「私はイラン人だが日本のことが大好きだ。私たちは世界中のすべての人をリスペクトすべきだ」「日本と一緒に立ち上がろう。韓国より」と、人種差別反対を訴える声が各国から舞い込んでいる。

また、時間限定で表示される「ストーリー」機能を使った投稿を卑怯だと考えるネット民も多数。「ストーリーで謝罪?笑わせんな」「なぜポストではなくストーリーを使った?24時間で自動的に消えるからか?」「お前のやったことは消えないぞ」との“糾弾”が相次いでいる。

グリーズマンのツイッターにも「アニメとPESが大好きなのに日本人を差別か?」「あなたも笑っていたのだからデンベレと一緒ですよ」「あなたの今回の文章からは反省が全く感じ取れませんでした。本当に残念です」「苦しい言い訳は聞きたくない」などと、憤怒したり落胆したユーザーのコメントが殺到している。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相