フランス代表2選手、日本人侮辱発言を謝罪もファンの怒り収まらず 「二度と日本に来るな」「日中韓で団結」「ホテルに謝れ」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

フランス代表2選手、日本人侮辱発言を謝罪もファンの怒り収まらず 「二度と日本に来るな」「日中韓で団結」「ホテルに謝れ」

バルセロナのグリーズマン(中央)
バルセロナのグリーズマン(中央)

日本人やアジア人を侮辱したと受け取れる発言を含む動画がネット上で拡散され、世界中で批判を浴びているサッカーのフランス代表でスペインの強豪、バルセロナ所属のウスマン・デンベレとアントワヌ・グリーズマンが5日、それぞれ自身のSNSで謝罪した。ネットには依然としてファンから怒りの声が相次いでいる。

この“疑惑”は英紙デイリーメールなどが4日に「デンベレがアジア人の容姿などを侮辱する動画がSNSに流出」などと報じ、一気に世界中に広まった。

この動画は、バルセロナが2019年のプレシーズンゲームで日本を訪れた際、デンベレがホテルの部屋で撮影したもの。テレビゲームの設定に手こずる日本人従業員たちを撮影しながら、デンベレがフランス語で「なんて醜い顔なんだ。恥ずかしくないのか?」「なんだこの言語は?」「もっと技術が進歩してる国じゃなかったのか?」などとからかっており、その隣で一緒になってあざ笑うグリーズマンも映り込んでいる。

この動画が流出すると世界中から批判が殺到。とくにアジア人の怒りを買ったようで、2選手を咎める中国語の書き込みも相次いだ。

これを受け、渦中の2人は5日にSNSを更新。デンベレは自身のインスタグラムにフランス語と英語で「たしかに日本で撮影したが、どこの国でも起こりうる内容だ。私はどこにいようと、友人と話すときはあのような言葉遣いをすることがある。特定のコミュニティーを対象としたわけではない」などと騒動を釈明。続けて「この動画を見て傷つく人がいることを理解している。深くお詫びしたい」と謝罪した。

グリーズマンも自身のツイッターに「私はあらゆる差別に反対する姿勢をみせてきたが、ここ数日、私がそのような男ではないと世間を騙そうとする人がいるようだ。非難には断固として反論する。日本の友人を傷つけたとしたら申し訳ない」とのコメントを投稿して陳謝した。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声