シーズン延長でまた「日本シリーズ日程問題」勃発 巨人進出なら2年連続“間借り”か - イザ!

メインコンテンツ

シーズン延長でまた「日本シリーズ日程問題」勃発 巨人進出なら2年連続“間借り”か

 日本野球機構(NPB)と12球団は5日、臨時12球団代表者会議と理事会・実行委員会をオンラインで開き、今季の日程を1週間程度延長することが提案された。承認されれば、クライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズの日程もそれぞれ後ろ倒しとなり、各球団の本拠地で先約が入っているイベントとのバッティング問題が2年連続で勃発。昨年の日本シリーズ期間中に東京ドームを使えず、京セラドーム大阪を間借りした巨人を含め、少なくとも4球団が今年も困難に直面する懸念が浮上している。(片岡将)

 コロナ下2年目もプロ野球は開幕早々から、シーズン全日程消化への不安が募っていた。4月末-5月上旬にかけて、日本ハムで13人が陽性判定を受けるクラスターが発生し西武、ロッテとの計4試合が延期に。広島も12人の大規模感染で、5月21日からの阪神3連戦(マツダ)が延期となった。レギュラーシーズンの予備日程はセ・リーグが8試合、パも14試合を用意していたが、NPBの井原事務局長は「コロナによる延期も発生し、加えて雨による中止もだんだんとたまってきている」と日程変更を検討する理由を説明した。

 現状でシーズンの最終日はセが10月17日、パは同21日。これを1週間ほど繰り延べ、延期分の試合を消化したい考えだ。これに伴い、同30日に両リーグ同時開幕の予定だったCS第1ステージも1週間ほど日程を先延ばし。11月13日に第1戦が予定されていた日本シリーズも、開幕が後ろにずれ込むことになる。

 野球協約では参稼報酬期間は11月30日までと定められ、12月にも公式戦を行うには労使交渉、選手会に加入していない外国人選手との個別交渉など煩雑な調整が必要だ。井原事務局長も「日本シリーズは11月中に行うのが前提」と言明。これまで通り第1戦を土曜に行うのであれば、デッドラインは「11・20」だ。

 この日程でセ・リーグのホームから開幕した場合、多くの球団で本拠地の球場にすでに別のイベントが組み込まれている。

 セ・リーグ首位阪神から1・5ゲーム差の2位巨人は、シリーズ第7戦が行われる11月28日に東京ドームで社会人野球の都市対抗野球大会が開幕する予定だ。巨人にとっては、まさかの2年連続での鉢合わせとなる。

 例年の都市対抗は夏場の開催だが、昨年は東京五輪の日程と重なるのを避けて11月22日の開幕に変更。ところが未曾有のコロナ禍で五輪が1年延期されたうえ、プロ野球も公式戦開始が約3カ月遅れた影響で日本シリーズが同21日の開幕となり、先約を優先して巨人が別の球場を探すことに。同時期に予定されていた人気グループ「AAA」の公演がコロナ禍で中止され、たまたま空きができたオリックスの本拠地・京セラドームに滑り込む形で確保した。

 今年も五輪を避け都市対抗は11月開催。巨人は日本シリーズに進出できても再び東京ドームを譲る形で、地方遠征シリーズとなってしまうのか。しかも相手は25年ぶりのパ・リーグ優勝へ首位を走るオリックスとなる可能性もある。ともに後楽園球場が本拠地の巨人と日本ハムが対戦した1981年以来、史上2度目の全試合を同じ球場で行う日本シリーズ実現かと思いきや、京セラドームも再びのAAAである。

 昨年は中止となり巨人を救う形となったツアーが、同球場で11月26-28日に1年越しの振り替え公演。NPB関係者は「オリックスのホーム試合(23-25日)はギリギリ重なっていないが、ライブ会場の設営を考えれば試合を行うのは無理だろう」とあきらめ顔だ。

 さらにセ・リーグ首位から3・5差の3位につけるヤクルトも、本拠地・神宮球場では明治神宮野球大会が11月20-25日に開催予定。日本シリーズと丸かぶりだ。混戦のパ・リーグで5位の西武も、本拠地のメットライフドームでは11月27、28日に声優によるライブイベント「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 7th STAGE」の振り替え公演が予定されている。西武関係者は「ライブの3日前から会場の設営が入る予定と聞いている。オフシーズンのコンサートは球場にとって大きな収入ですから。試合は難しいでしょう」と、こちらも白旗を挙げている。

 このままなら、実に4球団の本拠地が日本シリーズで使用できない異常事態。CSでの下克上もあり、直前まで予断を許さぬ難題を抱えたまま、今季のプロ野球は終幕へと突き進むことになる。

zakzak


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」