官製談合で前町長有罪 業者も、福島地裁支部判決

産経ニュース

福島県会津美里町の発注工事の入札で業者に予定価格などを漏らしたとして、官製談合防止法違反などの罪に問われた前町長、渡部英敏被告(80)=辞職=に、福島地裁会津若松支部(中川卓久裁判長)は5日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

公競売入札妨害罪に問われた元建設会社役員、斉藤正直被告(65)には懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決。

起訴状によると、渡部被告は町長だった昨年、道路工事と町営住宅解体工事の入札で斉藤被告に予定価格などを漏えい。斉藤被告が経営していた会社に最低制限価格と同額か近い額で落札させたとしている。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声