教皇、結腸の手術成功、5日程度入院か

産経ニュース

ローマ教皇庁(バチカン)は4日、ローマ教皇フランシスコ(84)が同日午後に入院し、予定されていた結腸の手術を受け成功したと発表した。

狭窄(きょうさく)の症状があったとしている。地元メディアによると、5日間程度で退院する見込みという。

教皇が入院するのは2013年の就任以降、初めてとみられる。ローマの総合病院で、全身麻酔の腹腔鏡手術を受けた。

入院に先立ち教皇は4日、バチカンで行われる日曜恒例の祈りの集会に姿を見せ、サンピエトロ広場に集まった人々に向けて今年9月にハンガリーとスロバキアを訪問すると明らかにしていた。(共同)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…