熱海の大規模土石流は“人災”か 盛り土と太陽光…高橋教授「斜面の保水力失わせるリスクがある」 関東・関西に多い“土石流レッドゾーン”(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

熱海の大規模土石流は“人災”か 盛り土と太陽光…高橋教授「斜面の保水力失わせるリスクがある」 関東・関西に多い“土石流レッドゾーン”

山肌が大きくえぐられた静岡県熱海市の土石流の発生源付近(同県提供)
山肌が大きくえぐられた静岡県熱海市の土石流の発生源付近(同県提供)

 静岡県熱海市伊豆山で少なくとも約130棟が流された大規模土石流で、県警や消防、自衛隊などは5日、安否が確認できていない113人の所在確認を急いだ。崩落した斜面には大量の盛り土があり、近くには大規模太陽光発電所(メガソーラー)もあるなど大規模造成が被害を拡大させたとの声も出ている。首都圏や関西圏にも土石流の特別警戒区域(レッドゾーン)や警戒区域(イエローゾーン)は多いほか、専門家は都市部や住宅地にも土石流のリスクがあると指摘する。

 発生から3日目となり、県や市によると、これまで2人が死亡、2人が負傷した。市は4日時点で所在が分からなかった147人のうち34人の無事を確認。住民基本台帳に基づき、残り113人の確認を急いだ。現場一帯で泥に埋まった家屋の捜索や、がれきの除去など、復旧に向けた作業が続いた。

 土石流は3日午前10時半ごろ発生した。ツイッターに投稿された動画では、山の上から黒い土石流が「ドドド」と轟音(ごうおん)を立てながら、住宅が密集する急な坂道を流れ落ちていた。

 発生源の斜面では幅100メートル、深さ最大10メートル以上の大規模な崩落が起きていた。一帯では宅地造成により約5・4万立方メートルの盛り土があった。堆積は10年以上前から行われていたとみられる。県ではこれを含めた10万立方メートルが崩落して被害を甚大化させたとみている。

 崩落地の東側は山中が切り開かれ、メガソーラーが設置されている。自民党の細野豪志衆院議員は4日、現地を調査した人から送られたという画像をツイッターに投稿、崩落地の縁からメガソーラーまでの距離は20~30メートルとしたうえで、「メガソーラーの尾根の崩落はなさそうだが、設置部は保水力が無くなるので動画を見る限り無関係とは言いきれないのではないか。やはり調査が必要」との見解を示した。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人