「家飲み」がペットに悪影響 急に「生ゴミ漁る」ようになることも - イザ!

メインコンテンツ

「家飲み」がペットに悪影響 急に「生ゴミ漁る」ようになることも

ポストセブン
おうち時間が増えることでペットに悪影響も(写真/Getty Images)
おうち時間が増えることでペットに悪影響も(写真/Getty Images)

コロナ禍で“家飲み”や“リモートワーク”が浸透したことで、害虫被害が増えているという。害虫駆除会社フリーマンの福永隆さんによれば、害虫被害が前年の1.5倍以上。福永さんは、

「大きなクロゴキブリは、本来、冬の間は冬眠するもの。しかし、この冬は人間がずっと家にいて、暖房が効いていたので、冬眠せずに繁殖していたのでしょう。そんな中、頻繁に家飲みをすれば、生ゴミや食べかすがたまり、ゴキブリの天国になるのです」

と、話す。

害虫が出現すれば、当然駆除しなくてはいけないが、獣医師の阿部美奈子さんは、殺虫スプレーや毒餌、それによって死んだ虫をペットが誤飲する危険性について話す。

「猫は害虫をおもちゃにして誤って食べてしまうほか、くん煙剤を焚く際に隠れていて姿が見えないこともあるので、駆除も慎重に行ってほしい。家飲みで出た食べ残しやゴミなどを漁って、アボカドの種など大きなものを飲み込んだり、鶏の骨がのどに刺さったり、特に犬猫にとっては猛毒のねぎやチョコレートを食べてしまう危険もあります」

普段はお行儀のいいペットでも、このコロナ禍においては、こうしたリスクは格段に上がっている。京都府に住む主婦の戸倉妙子さん(47才・仮名)が言う。

「昨年から夫が在宅勤務になりました。それまでは仕事終わりに飲み歩いていたのが、いまでは毎晩のように、かわいがっているトイプードルをひざに乗せて晩酌しています。しかし先日、明け方に台所から音がするので、行ってみたら、犬がゴミ箱を倒していました。いままではいたずらなんてしなかったのに……」

ゴミ袋の中には、夫が食べていたねぎまの串が。もし口にしていたら……。

「家飲みの機会が増えると生活サイクルが変わり、ペットは落ち着いて過ごせなくなります。日中も飼い主が家にいて、抱っこされたくないときもひざに乗せられたり、時には家に知らない人が来て、夜中までお酒を飲んでいたりする。

種族や個体によりますが、縄張り意識の強い子にとってはかなりのストレス。眠れなくなったり、食が細くなったりして、人間が寝静まった頃にお腹を空かせて生ゴミを漁ってしまうケースが増えています」(阿部さん・以下同)

今年、ペットの病気は昨年以上に増えているという。

「ストレスから頻繁に体をなめたりひっかいたり、自分の毛を抜いたりすると、皮膚に炎症が起きます。そうして口に入った毛がお腹にたまることや、心理的な負担でお腹を壊すことも多いのです」

また、頻繁に人が集まって家飲みをしている家では、ペットが警戒してトイレに行けず、膀胱炎になることも増えている。家に知らない人がいたり、飼い主が余裕なく動いていると、臆病な性格のペットは水すら飲めなくなるという。ペットのためには、家飲みはZoomなどを使ったリモートにするといい。家に他人が入ることがなく、ひとり飲みほど飲みすぎることもない。

「ペットの心模様は、人間の2才児くらいだと考えてください。知らない人のことは怖いし、なんでも口に入れてしまう」

人間が家飲みをしていると、寂しさからペットがほえたり、粗相をすることもあるだろう。だが、だからといって叱りつけると、さらにストレスを感じ、胃腸障害を引き起こすこともあると、忘れないでほしい。

※女性セブン2021年7月15日号

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」