動画

安否不明者の捜索再開 熱海の土石流、一夜明け

産経ニュース
土砂が流れ込んだ家屋周辺で捜索活動を行う消防隊員ら=4日午前、静岡県熱海市(鴨川一也撮影)
土砂が流れ込んだ家屋周辺で捜索活動を行う消防隊員ら=4日午前、静岡県熱海市(鴨川一也撮影)

静岡県熱海市伊豆山で発生した大規模な土石流で、市は4日現在、3日に救助された10人とは別に約20人が安否不明と明らかにした。県は少なくとも130棟が流されたと発表。県警や消防、自衛隊は一夜明けた朝から、不明者の捜索を再開した。市によると、救助活動は計700人態勢。

土砂が流れ込んだ国道135号線の逢初橋付近。土砂を撤去しながらの救助活動が行われていた=4日午前、静岡県熱海市(鴨川一也撮影)
土砂が流れ込んだ国道135号線の逢初橋付近。土砂を撤去しながらの救助活動が行われていた=4日午前、静岡県熱海市(鴨川一也撮影)

県は発生源を調査し、まとまった量の土があった場所と明らかにした。この土が崩れ落ちたとみているが、自然にたまったのか、人為的に堆積されたのかは不明という。

斉藤栄市長は対策本部で「これから72時間が一番大事な時間になる」とあいさつした。現場は大雨の影響で地盤が緩んでいる恐れがあり、断続的に雨が降り続き、二次災害を警戒、中断を挟んでの作業となった。第3管区海上保安本部は3日から夜を徹して土石流が流れ込んだ伊豆山港沖で活動。がれきで海は濁った状態という。自衛隊は山側と下流側から挟み込む形で捜索した。

県は4日、男女11人が救助され、負傷者は3人と発表した。菅義偉首相は19人救助の報告を受けていると述べた。4日朝の時点で約387人が避難している。

■轟音、住宅や車のみ込み海まで土砂 熱海の土石流

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛