九州豪雨から1年 遺族代表「美しい人吉・球磨、復興させる」

産経ニュース
熊本県人吉市で開かれた追悼式で黙とうする参列者=4日午前
熊本県人吉市で開かれた追悼式で黙とうする参列者=4日午前

全国で災害関連死を含め86人が犠牲になった令和2年7月の豪雨は4日で発生から1年となった。球磨(くま)川の氾濫で甚大な被害が出た熊本県人吉市で追悼式が開かれ、両親を失った西村直美さん(52)は遺族代表として「災害前の人も自然も豊かで美しい人吉・球磨の町を復興させていく」と誓った。

熊本ではこの1年で道路や橋などインフラの復旧が進んだが、仮設住宅の入居者は6月末で3675人。住まいの再建が課題となっている。西村さんは4日当日に帰省する予定で「どうしても娘や孫に会いたいと、帰りを自宅で待っていたのだと思う」と両親の心境をおもんぱかった。

令和2年7月4日、豪雨の影響で球磨川(奥)が氾濫した熊本県球磨村。右下は特別養護老人ホーム「千寿園」
令和2年7月4日、豪雨の影響で球磨川(奥)が氾濫した熊本県球磨村。右下は特別養護老人ホーム「千寿園」

熊本県八代市でも式典が開かれた他、特別養護老人ホーム「千寿園」の入所者14人を含む25人が犠牲になった同県球磨村役場では松谷浩一村長らが黙禱(もくとう)した。

特別養護老人ホーム「千寿園」の旧施設に設置された献花台に手を合わせる元職員の女性=4日午前、熊本県球磨村
特別養護老人ホーム「千寿園」の旧施設に設置された献花台に手を合わせる元職員の女性=4日午前、熊本県球磨村
  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に