バイデン夫人「ヴォーグ」表紙登場にトランプ一家の恨み爆発 - イザ!

メインコンテンツ

バイデン夫人「ヴォーグ」表紙登場にトランプ一家の恨み爆発

ポストセブン
いまや刑事訴追を恐れる身になったトランプ夫妻(AFP=時事)
いまや刑事訴追を恐れる身になったトランプ夫妻(AFP=時事)

「ヴォーグ」といえば、129年の歴史を誇る米ファッション雑誌の雄。かつて「ニューヨーク・タイムズ」は、「贅沢、セレブリティ、スタイルの三位一体を崇拝するすべての女性のバイブル」と評した。都市近郊に住む大卒インテリの主婦層やキャリアウーマンにとっては今も必読の書だ。

その「ヴォーグ」の表紙に選ばれることは、美しきインテリ女性であると認められることであり、セレブ女性たちの「成功の証」になる。ジョー・バイデン大統領の愛妻、ドクター・ジル(教育学博士)が8月号の表紙を飾った。

濃紺の地に花柄の、オスカー・デ・ラ・レンタのワンピースに身をまとい、ホワイトハウスのバルコニーで手すりにもたれて微笑むジルさん。6月に70歳を迎えたとは思えぬはつらつとした知的な美人で、「アメリカ史上、最も脚のきれいなファーストレディ」(ホワイトハウス詰め米人女性記者)と称えられるスタイル抜群の古希だ。

ジルさんは、副大統領夫人だった「セカンドレディ」の頃から表舞台に出ることを避け、裏方に徹して夫を支えてきた。若き上院議員だったバイデン氏が交通事故で妻と子供を失い、失意のどん底にあった時、後妻となってバイデン家を支え、残された幼い男の子2人を育て上げた美談はつとに有名だ。女性の地位向上には教育だとの信念で始めた短期大学での講義は大統領夫人になった今も続けている。

ヴォーグのインタビューでは、「冷静沈着な夫だからカッカカッカしていたアメリカの温度を下げることができたんです」とバイデン氏を持ち上げている。夫が大統領になり、一緒いる時間は減ったが、今でもキャンドルを灯してスマホを切って夕食を供にするという。

ところが、このカバーガール選定にトランプ前大統領の次男エリック氏の妻、ララ・トランプさん(38)が噛みついた。フォックス・ビジネス・ニュースに出演した際、インタビュアーが「ヴォーグ」のジルさん起用について尋ねたことには直接答えず、義父の3番目の妻、メラニアさん(51)を絶賛した。

「この雑誌は何人ものファーストレディをカバーガールにしてきたけど、本当のモデル経験者は皆無。史上最も美しいファーストレディはメラニアだったのに、“あの女”がトランプ嫌いだったから使わなかったのよ。メラニアはファッションセンスでもジャクリーン・ケネディ並みよ。彼女を使わなかったせいで、あの雑誌はどれだけ読者を減らしたことか」

オンナの憎悪と嫉妬を隠そうともしない辛辣な言葉は、メラニアさんの気持ちを代弁したものだったのか。確かに「ヴォーグ」の編集長を33年間務め続け、「プラダを着た悪魔」のモデルと言われる英国出身のアナ・ウィンターさん(71)は大のトランプ嫌い。2020年3月号では、創刊以来初めて大統領選挙で明確な意思表示をしてバイデン氏を支持した。

トランプ一家のウィンター嫌いの根は深い。2019年には、当時ファーストレディだったメラニアさんを表紙に使わないのかと尋ねられたのに対して、ウィンター氏はメラニアさんの起用には言及せずにこう語った。

「(前大統領夫人の)ミシェル・オバマさんは素晴らしい。ファッションセンスだけではなく、すべてに美しいアメリカのアンバサダー(大使)です」

ララさんの発言は、この時の意趣返しだと思われる。ただ、若い頃にはヌードモデルをしていたメラニアさんが、ヴォーグのカバーガールには不似合いなことも確かだ。

ジルさんは東京オリンピックに華を添えるために訪日が計画されている。一方のトランプ一家は、「トランプ・オーガニゼーション」の脱税疑惑などで捜査対象にされ、同社重役のエリック氏の訴追も取り沙汰されている。ファッション業界紙のベテラン記者は、「ララさんはヴォーグ批判をしている余裕などないはずだ」と苦笑交じりに語る。

ヴォーグの表紙をめぐる「女の戦い」は、権力の栄枯盛衰を象徴している。

■高濱賛(在米ジャーナリスト)

関連記事
  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声