残り「1枠」…桐生、デーデー、サニブラの争い 五輪リレーメンバー“綱渡り”状態 - イザ!

メインコンテンツ

残り「1枠」…桐生、デーデー、サニブラの争い 五輪リレーメンバー“綱渡り”状態

桐生は右アキレス腱に不安を抱えている
桐生は右アキレス腱に不安を抱えている

 日本陸連は2日、東京五輪で悲願の金メダルを目指す男子4×100メートルリレーのメンバーに、桐生祥秀(25)とデーデー・ブルーノ(21)を追加。100、200メートルの代表各3人を加えた計8人から本番で走る4人を選ぶことになるが、メンバー編成は綱渡り状態となっている。

 メンバーはすでに決まっている男子100メートル代表の多田修平(25)、山県亮太(29)に加え、この日、男子100メートルの「3枠目」に入った小池祐貴(26)が濃厚。残り1枠を桐生、デーデーと、サニブラウン・ハキーム(22)が争うことになる。

 日本陸連は自国開催のリレー制覇プロジェクトとしてサニブラウンを軸にメンバーを決める算段だったが、本番1カ月を切っても本調子からは程遠い。3走を任せられる桐生も右アキレス腱痛を抱えたままで、想定していた戦力が整っていない。

 100メートル内定3人から離脱者が出た場合、代役にどこを走らせるかも懸念材料だ。例えばデーデーは今からバトン練習に取り組んでも劇的に向上することは難しく、実質的にアンカーしか走れない。

 最終的な布陣は直前合宿で探るが、1つでも駒が欠ければリレーのメダルは幻に終わってしまう公算が大きい。(山戸英州)

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」