こじるりが魔性化? 破局で一皮むけ、“年上キラー”の妖艶キャラに変貌か - イザ!

メインコンテンツ

こじるりが魔性化? 破局で一皮むけ、“年上キラー”の妖艶キャラに変貌か

 人気漫画『キングダム』の作者、原泰久氏(46)と破局が明らかになったタレント、小島瑠璃子(27)。当初は“略奪愛“とも騒がれてしまったロマンスだが、コロナ禍と遠距離恋愛で長くは続かなかったようだ。しかし、これをきっかけに、こじるりが“魔性の女”として無双化する可能性がみえてきた。

 2人の交際は昨年7月、小島が福岡市内の原氏のマンションに連泊する様子を報じられたことで発覚。小島本人も同年8月、ラジオ番組で交際を認めていた。小島はかねて『キングダム』のファンを公言していた。

 しかし、コロナ禍で、福岡を拠点とする原氏と会う機会が減っていたことや、19歳という年齢差からくる価値観や考え方の違いなどから、交際1年を機に関係を解消したようだ。

 「交際が発覚した当初は、原氏が離婚したことを公表していなかったため、ネット上では略奪愛とバッシングを受けました。さらに原氏が大人気の漫画家だけに、金目当てという心ない批判もありました。一時期、こうした誹謗(ひぼう)中傷に、小島自身が『もうやめにしてほしい』と訴えたこともあるほど。やはり、心のどこかに負担を抱えていたのではないでしょうか」と芸能リポーターは指摘する。

 バラエティータレントとして、相変わらずの無双ぶりの小島だが、「もともと仕切りも無難にこなし、むちゃぶりにも的確にリアクションできるスマートさに定評があり、バラエティーには欠かせない存在。そのうえ水着を着れば、スリムにもかかわらず出るところはしっかりタイプ。出ているベテラン芸人はたいていこじるりファンになってしまうぐらいの年上キラーですよ」と先の芸能リポーター。さらにこう続ける。

 「今回の破局は、小島にとってマイナスになることはないでしょう。これまでもロマンスが報じられたことがありましたが、今回は破局したとはいえ、19歳年上の原氏を落としたということで、中年男性にも希望を与えた。これはもう“魔性の女”への一歩を踏み出したといえる。これまでのさわやかキャラにとどまらず、一皮むけた妖艶キャラへと変貌を遂げれば、もっと無双化することは間違いない」

 さらにステップアップが期待される。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳