NY株、2カ月ぶり最高値 3万4786ドル 金融緩和縮小の警戒後退

産経ニュース

2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比152・82ドル高の3万4786・35ドルで取引を終え、約2カ月ぶりに過去最高値を更新した。投資家の注目を集めた米雇用統計で、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数が予想以上に改善したことが好感され、買い注文が優勢となった。

物価上昇の指標となる米長期金利が低下し、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和の早期縮小への警戒感が後退したことも相場を支えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、116・95ポイント高の1万4639・33と最高値を更新。幅広い銘柄のSP500種株価指数も続伸して32・40ポイント高の4352・34と、7営業日連続で最高値を更新した。

7月中旬には、主要企業の4~6月期の決算発表が本格化する。新型コロナウイルス禍によるサプライチェーン(供給網)の混乱の収束が見通せない中、業績回復基調が続くかどうかが焦点となる。(共同)

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…