山田涼介主演「大怪獣のあとしまつ」の特報映像とビジュアル公開 特撮ファンら期待 「怪獣8号」との類似性指摘も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

山田涼介主演「大怪獣のあとしまつ」の特報映像とビジュアル公開 特撮ファンら期待 「怪獣8号」との類似性指摘も

ジャニーズ事務所
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループHey! Say! JUMPのメンバーで俳優の山田涼介が主演し2022年に公開する映画、「大怪獣のあとしまつ」の特報映像、ティザービジュアルとキャラクタービジュアルが2日、映画の公式サイトなどで公開された。特撮映画で倒された怪獣のその後を描くコメディーというユニークなコンセプトに、漫画やアニメ、特撮ファンの間で、期待が盛り上がっている。

邦画大手の松竹と東映が初めて共同で製作する作品。20年2月に製作発表、同年10月に22年の公開が発表されたあと、続報が待たれていた。山田は巨大怪獣の死体の“あとしまつ”を命じられる特殊部隊隊員、帯刀(おびなた)アラタ役を演じ、ヒロインの雨音(あまね)ユキノ役を演じる女優、土屋太鳳と初タッグを組む。監督と脚本は、テレビ朝日系ドラマ「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡氏が担当する。

公開されたティザービジュアルは、東京タワーをバックに横たわる大怪獣の死体に「この死体、どうする?」とのキャッチコピーが重ねられ、巨大な死体に向き合って立ち尽くすアラタとユキノの後ろ姿が手前に小さく写る…という迫力ある構図。特報動画は、映像、音楽ともに重厚感あふれる仕上がりとなっており、ツイッターでは、「予告はえらいマジメそうだな」「ティザー見る限りコメディ感皆無なんだが!?」「コメディー要素がどんな感じで入ってるのかめっちゃ楽しみ」など、コミカルなテイストを排したシリアスな雰囲気に戸惑いつつも期待に胸を膨らませるユーザーが見受けられた。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で