横浜流星主演映画「嘘喰い」来年2月公開 横浜や原作のファンが期待寄せる ポスターやキャッチコピーには批判も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

横浜流星主演映画「嘘喰い」来年2月公開 横浜や原作のファンが期待寄せる ポスターやキャッチコピーには批判も

横浜流星(撮影・戸加里真司)
横浜流星(撮影・戸加里真司)

俳優、横浜流星が来年2月公開の映画「嘘喰い」(中田秀夫監督)に主演すると2日、サンケイスポーツなどが報じた。同日朝のヤフーリアルタイム検索トレンドでは、作品タイトルが1位に上り詰め、横浜や原作漫画のファンの間で盛り上がりを見せた。

漫画家・迫稔雄氏によるシリーズ累計880万部を超える、同名の人気ギャンブル漫画が原作。横浜は髪を銀色に染め、「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめ・ばく)を熱演する。

作品の舞台は日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)。日々、巨額な金を賭けたギャンブルを仕切り、ルールを決め敗者の死に方を用意する最高峰の危険な賭け場だ。そこで横浜演じる斑目が、仕掛けられたイカサマや嘘を見破り、数々のゲームに挑んでいく。

ツイッターでは、主演作の情報に横浜のファンが歓喜。「映画主演おめでとう もうビジュが大優勝」「パッと見流星くんか分からないくらいにイケメンすぎた」「銀髪 白スーツ 髪も長いしやば」「ミステリアスでかっこいい」など、祝福や称賛のコメントが相次いでいる。

実写映画化の計画は2016年5月に発表されていたことから、「やっと来たーー!」「映画化、進んでいたのね」「生きとったんかワレ!!」と、5年越しの公開決定に驚く原作ファンも。斑目役については、「貘さんは綾野剛さんで妄想してた」「オダギリジョーにやって欲しかった」「伊勢谷友介にして」など、他の俳優をイメージしていたとの声も見受けられた。横浜以外のキャストはまだ明らかにされておらず、「梶ちゃんは誰だろう」と、もう1人の主人公、梶隆臣(かじ・たかおみ)の配役が気になるとのつぶやきもあった。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声