ディーン・フジオカの新曲がドラマWタイアップ MVには元欅坂の佐藤詩織も - イザ!

メインコンテンツ

ディーン・フジオカの新曲がドラマWタイアップ MVには元欅坂の佐藤詩織も

マルチな活躍を続けるディーン・フジオカ(フジテレビ提供)
マルチな活躍を続けるディーン・フジオカ(フジテレビ提供)

俳優、ディーン・フジオカ(40)の新曲「Runaway」が、比嘉愛未主演の木曜劇場「推しの王子様」(15日スタート、木曜後10・0)の挿入歌と、同ドラマのスピンオフとして瀬戸利樹主演で送る「ぼくの推しは王子様」(同日後11・09からFODで配信スタート)の主題歌として起用される。

楽曲は、日々生きる意味を問い、前を向いて進もうというメッセージが込められた疾走感のあるナンバー。また、公開されたばかりのミュージックビデオのティザー映像には、昨年卒業したばかりの元欅坂46の佐藤詩織が出演していることが判明。グループ卒業後、初のメディア露出で話題となっている。

ディーンは9月から自身最大規模となる全国ホールツアー「Musical Transmute」(18都市20公演)を控えており、今回の楽曲とともに全国を回る。

「『Runaway』は、一言で言うと“#逃走系エモ”。現代社会の中に蔓延する逃げ場のない負のオーラから距離を置くことも、自分を守ためには時に有効な選択肢だというメッセージを込めた。この時代を生きている我々一人一人への応援ソングです」

ディーンはこう語っていた。

「推し―」は、主人公の日高(比嘉)が五十嵐(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”ともいえるロマンチック・コメディー。ディーンほか、白石聖、船越英一郎らが出演し、初回15分拡大で送る。

「ぼく―」は、本編にも出演する徳永えり、佐野ひなこ、谷恭輔らがキャスティングされている。


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート