【ドクター和のニッポン臨終図巻】ギタリスト・寺内タケシさん 挑戦の大切さ伝え続けた(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

ドクター和のニッポン臨終図巻

ギタリスト・寺内タケシさん 挑戦の大切さ伝え続けた

寺内タケシさん
寺内タケシさん

小林亜星さんに続いて、また音楽の巨星墜つ……この人がベートーベンの「運命」をアレンジしてエレキで演奏された『レッツ・ゴー「運命」』が今、僕の頭で鳴り響いています。

エレキの神様として知られ、世界三大ギタリストとも称えられた寺内タケシさんが6月18日に横浜市内の病院で亡くなりました。享年82。死因は、器質化肺炎との発表です。

寺内さんは、今年2月に誤嚥性肺炎で入院しましたが、順調に回復されて、6月末には退院が決まっていました。しかし残念ながら急変されたそうです。

誤嚥性肺炎で入院したのに、死因は器質化肺炎? 聞きなれない病名に首を傾げた人も多いかもしれません。

わが国では、年間およそ10万人が肺炎で亡くなっています。一言で肺炎といっても、その原因や症状によって、多くの種類に分類されています。食べ物や唾液などが誤って気道内に入り炎症が起きることで発症する誤嚥性肺炎も「肺炎」の一つですが、2017年より厚生労働省の「死因別死亡数の割合」では、肺炎とは別項目として扱っています。それは、高齢化に伴い、あまりにも誤嚥性肺炎が増えているから。

肺炎の入院患者のうち、80代の8割、90代では9割以上が誤嚥性肺炎なのです。抗生物質による薬物療法を行いますが、入院中はどうしても安静を強いられ、栄養も点滴主体となるため、嚥下機能や筋力が著しく衰えがちです。誤嚥性肺炎は何度も繰り返すのが特徴で、他の病気を併発してしまいがちです。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも
  5. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で