【SPORTS BAR】“ポジティブな失敗”渋野日向子の目標にブレなし!(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

SPORTS BAR

“ポジティブな失敗”渋野日向子の目標にブレなし!

渋野は3カ月の米ツアーを笑顔で締めくくった(共同)
渋野は3カ月の米ツアーを笑顔で締めくくった(共同)

結果だけなら“惨敗”だろうが、そこに悲壮感はなかった。女子ゴルフの渋野日向子(22)である。4月「ANAインスピレーション」から3カ月間、米ツアーで7戦して最高は「ピュアシルク選手権」(5月)の31位。最終戦の前週「全米プロ選手権」も40位に沈んだが、最終日の5アンダーに笑顔を見せ、ポジティブに総括した。

「悔しいことがたくさんあったが、次にアメリカに来るときは、もっと戦えるんじゃあないかと…。よかったところ、悪かったところをしっかりと復習して、次に向けて頑張りたい」

夢の続きがある。以前から「戦うたびに“アメリカでやりたい”という気持ちが強くなってる」と吐露し、「五輪よりも優先順位がアメリカ…」とも。今回の挫折?!にもブレはない。

今後の目標は「米ツアー最終予選会」(12月2日開幕、米アラバマ州)挑戦である。144選手が2週間、72ホールを2度戦い、上位45人に来季の米ツアー切符が付与される。過去、山口すず夏が2018年36位、19年16位、河本結が19年9位で米切符を手にした。過酷な戦いだが、渋野は迷いなく突き進む覚悟でいると聞いている。

今後「全英女子オープン」(8月19日開幕、スコットランド)には参戦する予定だが、主戦場は日本ツアー。万全の調整をして夢に向かう。すでにエントリー済みの「GMO&サマンサタバサ」(7月16日開幕、茨城)が国内復帰戦になる。

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く