マヂラブ&四千頭身が24時間過酷ロケ 「バナナバカリの初芸人」 - イザ!

メインコンテンツ

マヂラブ&四千頭身が24時間過酷ロケ 「バナナバカリの初芸人」

MCとともにVTRを楽しんだバナナマンとバカリズム(中央)(C)フジテレビ
MCとともにVTRを楽しんだバナナマンとバカリズム(中央)(C)フジテレビ

バナナマン(設楽統、日村勇紀)とバカリズムがMCを務めるフジテレビ「バナナバカリの初芸人」(4日後4・0、関東ローカル)。「◯◯を初めて成し遂げた芸人」を“初芸人”と称し、その称号を獲得すべく人気のお笑い芸人が過酷なロケに挑む番組である。

「M-1グランプリ2020」(テレビ朝日系)王者のマヂカルラブリーが挑戦する称号は「24時間で100人の芸人を笑わせた“初芸人”」。

1人目のターゲットは設楽で、司会を担当する「ノンストップ!」の収録現場に突入。続いて松嶋尚美、ナイツ、陣内智則、バカリズムほか、ターゲットを笑わせるために24時間駆け回る。

四千頭身が挑むのは「24時間で100匹の魚を釣り、その魚でダジャレを言う“初芸人”」。

「第7世代も意外と体を張っているところを見せたい」と静岡県・駿河湾へ向かうが、そこには過酷なロケが待っていた。

日村も「ハンドボール選手のパイ投げを受ける“初芸人“」「激痛・激熱・激冷・激辛を一気に受ける“初芸人”」など最多の4つのテーマにチャンレンジする。

収録後、「今のバラエティー番組は過酷な企画があまりないので、若手にとっても良い機会だったんじゃないか。すごくくだらないことをやっているが、若手芸人が努力している姿に何か考えさせられると思う」(設楽)、「若手の頃を思い出した。日村さんのロケも面白かった。スケールこそ小さいですが(笑)」(バカリズム)、「2人が僕のロケを見て笑っている時と笑っていない時があってすごく気になった。それぞれのVTRが最高で夕方から腹がちぎれて眠れなくなっちゃうかも(笑)」(日村)と話していた。


  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」