30歳で年収1000万円を狙える職種は? 企業の実名も公開 - イザ!

メインコンテンツ

30歳で年収1000万円を狙える職種は? 企業の実名も公開

ITメディア
若くして年収1000万円を達成できる職種は?(画像はイメージ)
若くして年収1000万円を達成できる職種は?(画像はイメージ)

30歳で年収1000万円を狙える職種は? オープンワーク(東京都渋谷区)は6月30日、自社で運営する転職サイト「OpenWork」に投稿された社員・元社員の口コミに基づき、職種別の年収事情を公開した。

同社によると、30歳で年収1000万円を狙える職種は、コンサルタント、金融系専門職(アナリスト、投資銀行部門)、営業職(商社)、プラントエンジニア(海外駐在)、フルコミッション型営業職(証券、保険、不動産)、難関資格専門職(医師、パイロット、弁護士、会計士)だった。

コンサルタントが働く代表的企業は、A.T.カーニーやアクセンチュアだ。オープンワークは「戦略系、IT系、外資、日系それぞれで若手のうちから好待遇のようだ」と分析する。A.T.カーニーのコンサルタントは「社会人5年目の転職時(シニアビジネスアナリスト)に700万円だったが、1年後に1000万円、2年後に1300万円になった」とコメントしている。アクセンチュアのITコンサルタントは「新卒入社6年目、29歳、マネージャーで年収1000万~1100万円」としている。

金融専門職の企業例はSMBC日興証券やみずほ証券だ。オープンワークは「企業の資金調達支援やM&Aのアドバイザリーを行う投資銀行部門は高待遇である一方、激務であることが知られている」としている。SMBC日興証券のアナリストは「30歳までに1000万円を超える。同世代と比べれば給料はもらえている印象だ」と投稿している。

営業職(商社)には、伊藤忠商事、三井物産、三菱商事などがランクインした。オープンワークは「海外駐在の場合は手厚い手当てにより20代でも年収1000万円を十分に狙えるようだ」と分析。伊藤忠商事の社員は「30歳前後までは同期でそこまで差が出ないが、その後大きく差がつく」としている。

■プラントエンジニアとフルコミッション型営業職は?

プラントエンジニアが働く代表的な企業は、千代田化工建設や日揮グローバルだ。千代田化工建設のプロジェクトエンジニアは「新卒入社4年目、プロジェクトエンジニア、海外現場赴任で900万~1000万円」と投稿している。

フルコミッション型営業職には、大和証券、野村證券、プルデンシャル生命保険などがランクイン。オープンワークは「年齢にかかわらず個人の成績によって年収1000万円を目指すことが可能だが、好成績を維持できなければ給与が下がる厳しさが伴う」と指摘する。大和証券の社員は「成果を上げれば上げた分給料に反映される。20代のうちに年収1000万円以上になる可能性も十分ある」としている。

オープンワークの大澤陽樹氏は「OpenWorkのデータで一番閲覧されているのは“年収・給与”に関する項目で、仕事を選ぶうえで多くの人にとって重要な指標であることは間違いない」とコメントした。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人