がんこフード会長が辞任 賞味期限改ざんで引責

産経ニュース

和食レストランを展開する「がんこフードサービス」(大阪市)が贈答用の冷凍食品「笹蒸し寿司」の賞味期限を改ざんして販売した問題で、創業者の小嶋淳司会長(85)が6月27日付で引責辞任したことが1日、分かった。

同社は5月、笹蒸し寿司の賞味期限を改ざんして販売していたと発表。調査委員会を設置して原因の究明を進めていた。小嶋氏は昭和38年に前身の「がんこ寿司」を創業し、平成17年から会長に就任。関西経済同友会代表幹事や日本フードサービス協会会長などを歴任した。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」