【江尻良文の快説・怪説】巨人、球宴ファン投票に1位選手なし…人気凋落の深刻さ - イザ!

メインコンテンツ

江尻良文の快説・怪説

巨人、球宴ファン投票に1位選手なし…人気凋落の深刻さ

巨人の人気凋落は深刻だ(共同)
巨人の人気凋落は深刻だ(共同)

18年ぶりに巨人選手1位なし。28日に最終発表された球宴ファン投票の結果だ。巨人球団首脳は深刻に受け止め、人気回復策を講じる必要があるだろう。

「巨人・大鵬・玉子焼き」という時代に育った、古希超えの団塊の世代の記者にとっては大事件だ。なにしろ小学校時代など「巨人ファンじゃない」というだけで、変人扱いされた。

父親が「警察、役所、巨人、大鵬」など権力嫌いで、その影響を受けたこともあって、大毎オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)のファンだった。仲間を探すのも大変な少数派もいいところだった。

そんな経緯もあって、巨人人気の凋落ぶりは改めてショッキングだ。「巨人が負けるのが楽しみという、アンチ巨人ファンも実は巨人ファンの一種」と言われたものだ。

世の中は一変した。読売グループ首脳がこう認める時代だ。

「V9ができたのも、ドラフトがなく、プロ野球と言えば巨人軍という時代だったから。みんな巨人に入りたがった。ドラフトがある以上、もうV9なんてあり得ないよ」

球宴ファン投票1位選手なしの現実は、時代の流れというしかないのだろう。

ただ、絶対的な強さと人気を誇るチームの存在は、野球に限らず、どんなスポーツ界にも必要不可欠だ。日本プロ野球界にとっても。球宴ファン投票1位選手なしを深刻に受け止め、読売巨人軍再建は急務になる。

「毎年、どこが優勝するかわからない方が面白い」というのは、理想であって現実的ではない。(江尻良文)

zakzak

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」