田中圭主演ドラマ「死神さん」 ダサすぎるビジュアルに「誰?!」と驚きつつツボるファン続出(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

田中圭主演ドラマ「死神さん」 ダサすぎるビジュアルに「誰?!」と驚きつつツボるファン続出

田中圭
田中圭

俳優、田中圭が主演する動画配信サービスHuluの連続ドラマ「死神さん」の配信日が9月17日に決定したと30日、ドラマの公式サイトで発表された。公式ツイッターも開設され、主人公になりきって宣伝する田中の徹底した役作りに驚くファンが続出。同日午前のヤフーリアルタイム検索トレンド上位に「死神さん」がランクインして盛り上がりを見せている。

「死神さん」は人気推理作家、大倉崇裕氏の同名小説を原作とした異色のミステリードラマ。田中が演じるのは、警視庁内にある謎の部署に所属する曲者刑事の儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)で、容疑者が無罪になった事件を再捜査して180度ひっくり返し、闇に葬られた真相をあぶり出していく。警察組織として掘り返されたくない証拠を徹底検証するため仲間から疎まれ、「死神」とあだ名されているという設定だ。メイン監督を務めるのは、2007年公開の「包帯クラブ」以来、田中と14年ぶりのタッグを組む堤幸彦氏。全6話構成で、毎週金曜日に新エピソードを配信する。

公式サイトでは同日、メインビジュアルが公開されたほか、儀藤をサポートする広報課所属の巡査長・南川メイ役で、女優の前田敦子が全編を通して出演することも明らかにされた。公式ツイッターも開設され、田中のファンが集結。儀藤に扮した田中が、役になりきって宣伝する動画が添えられた初投稿には、歓迎や期待の反響が続々と寄せられている。

普段は爽やかなイメージの強い田中だが、今回は襟元まで届くボサボサの長髪で帽子を目深にかぶり、鼻には大きなホクロ、ダボダボのロングコートというダサダサコーディネイトで役作り。動画の中でも猫背で帽子のつば越しに見上げるような不気味な視線をチラつかせながら、ボソボソと喋る怪しい演技でフォローを呼びかけ、最後に決め台詞の「逃げ得は許しませんよ~」で締めくくっている。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人