ブレークのきっかけは「週プレ」グラビア 三輪記子弁護士、初の著書出版「これだけは知っておきたい男女トラブル解決法」 - イザ!

メインコンテンツ

ブレークのきっかけは「週プレ」グラビア 三輪記子弁護士、初の著書出版「これだけは知っておきたい男女トラブル解決法」

 テレビの情報番組やバラエティーでも活躍する弁護士の三輪記子(44)が、初の著書『これだけは知っておきたい男女トラブル解決法』(海竜社)を出版した。今年、自身だけの法律事務所も東京に開設。法曹界という世界に身を投じた経緯を語った。

 本業の弁護士業務に加え、『アッコにおまかせ!』(TBS系)や『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)などでコメンテーターも務める。東京大学に現役合格し、外交官を目指すも断念。留年して、大学5年のとき、同じ京都出身の飲み仲間、映画監督の林海象から「お前は弁護士に向いている」と助言を受けて一念発起。

 「7回も司法試験に落ちましたが、10年かかって、ようやく弁護士になれました」

 なったはいいが仕事は少なく、空いた時間に『週刊プレイボーイ』で連載の「リリー・フランキーの人生相談」に相談者として応募すると、半年後に運良く採用された。「その時の相談で『話しっぷりが面白いし、オッパイも大きいから』と編集者さんに声をかけられたんですよ」

 2013年1月の『週刊プレイボーイ』でグラビアデビュー。その後、テレビ出演なども行うようになった。

 テレビ番組では「弁護士から見える世の中を視聴者の皆さんにお伝えしたい」と考える。ジェンダー問題、各種ハラスメント問題に精通しているところから、女性のための法律バイブル『これだけは知っておきたい男女トラブル解決法』を書き下ろした。

 「トラブルはどこにもあって、自分が当事者になるかもしれないし、家族、友達がトラブルに見舞われるか分からない。転ばぬ先のつえのイメージで読んでほしい」。男性にもためになりそうだ。

 昨年3月から漫画家の倉田真由美とYou Tubeで「みわたまチャンネル」を開設。トップユーチューバーの座も狙っている。

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも