定着しつつあるエコバッグ、本当にレジ袋よりエコなのか? 製造、使用法によっては環境負荷も - イザ!

メインコンテンツ

定着しつつあるエコバッグ、本当にレジ袋よりエコなのか? 製造、使用法によっては環境負荷も

レジ袋有料化を進めた小泉環境相
レジ袋有料化を進めた小泉環境相

 スーパーやコンビニのレジ袋有料化から7月で1年。買い物にエコバッグを持参する風景は当たり前になりつつあるが、環境への負荷を考慮した際、必ずしもレジ袋よりもエコとはいえない場合もあるようだ。今国会ではストローやスプーンなど使い捨てプラ製品の削減を義務付ける新法も成立したが、一体“エコ”とは何なのか。

 「条件によって異なるが、エコバッグだからエコとは言い切れない。どの視点、時間軸でみるかによって大きく異なる」

 そう語るのは、サステナビリティ(持続可能性)経営のコンサルタント、安藤光展氏だ。昨年7月にレジ袋が有料化されたことで普及したエコバッグだが、会計後に小分け用の無料のポリ袋を使ったり、エコバッグを洗ったりすることでも環境負荷がかかるという。

 英環境庁が2011年に発表した「ライフサイクルアセスメント」によれば、綿製バッグを131回利用した場合、使い捨てレジ袋以上に地球温暖化防止につながるとされる。紙製では3回、ポリプロピレン不織布製では11回使用する必要があるという。レジ袋を何度か繰り返し使う方が合理的に思える。

 また、エコバッグは無料で配布されたり、雑誌の付録に採用されたりするケースも多いが、安藤氏は「企業側は良かれと思ってエコバッグを採用しているのだろうが、製造から廃棄までを考えると、結果として環境負荷につながってしまっている。そのため消費者だけでなく、企業側にも社会的責任がある」と指摘する。

 16日に閉会した通常国会では、プラスチックごみのリサイクル強化と排出削減に向けた新法「プラスチック資源循環促進法」が成立した。スーパーやコンビニなど使い捨てスプーンやストローを提供する事業者には、有料化を含めた削減策を義務付ける。22年4月の施行を目指す。

 ただスプーンやストローもレジ袋と同様に「利用の仕方が環境負荷を大きく左右する」と安藤氏。「小泉進次郎環境相は啓発目的であることを明確にしており、その点では国民に意識を植え付けることができたというデータもある。環境問題は過渡期にあるため、今後も消費者が情報収集を怠らず本質を理解しようとする必要がある」と語った。

zakzak

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く